研究者
J-GLOBAL ID:201701015688350164   更新日: 2021年08月20日

前田 恵理

マエダ エリ | Maeda Eri
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (3件): 衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含まない ,  衛生学、公衆衛生学分野:実験系を含む ,  医療管理学、医療系社会学
研究キーワード (4件): プレコンセプションケア ,  妊孕性 ,  ヘルスリテラシー ,  母子保健
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2021 - 2024 本邦における不妊症有病率の推定と未受診要因の解明
  • 2019 - 2022 女性特有の疾病に対する健診等による介入効果の評価研究
  • 2018 - 2021 低濃度マンガン曝露の無症候性神経機能に及ぼす影響の解析
  • 2018 - 2021 多胎妊娠のレセプトNDB分析を通じた地域別周産期医療の質の評価
  • 2019 - 2021 保健・医療・教育機関・産業等における女性の健康支援のための研究
全件表示
論文 (38件):
  • Yushi Nagaki, Satoru Motoyama, Yusuke Sato, Akiyuki Wakita, Hiromu Fujita, Kohei Kemuriyama, Yoshihiro Sasaki, Kazuhiro Imai, Eri Maeda, Yoshihiro Minamiya. PET-Uptake Reduction into Lymph Nodes After Neoadjuvant Therapy is Highly Predictive of Prognosis for Patients Who have Thoracic Esophageal Squamous Cell Carcinoma Treated with Chemoradiotherapy Plus Esophagectomy. Annals of surgical oncology. 2021
  • Arisa Iba, Eri Maeda, Seung Chik Jwa, Ayako Yanagisawa-Sugita, Kazuki Saito, Akira Kuwahara, Hidekazu Saito, Yukihiro Terada, Osamu Ishihara, Yasuki Kobayashi. Household income and medical help-seeking for fertility problems among a representative population in Japan. Reproductive health. 2021. 18. 1. 165-165
  • Satoru Motoyama, Eri Maeda, Katsunori Iijima, Akira Anbai, Yusuke Sato, Akiyuki Wakita, Yushi Nagaki, Hiromu Fujita, Yoshihiro Minamiya, Takahiro Higashi. Differences in treatment and survival between elderly patients with thoracic esophageal cancer in metropolitan areas and other areas. Cancer science. 2021
  • Takuya Iwasawa, Toshifumi Takahashi, Eri Maeda, Koichi Ishiyama, Satoshi Takahashi, Ryota Suganuma, Koki Matsuo, Masahito Tachibana, Rie Fukuhara, Hiromitsu Shirasawa, et al. Effects of localisation of uterine adenomyosis on outcome of in vitro fertilisation/intracytoplasmic sperm injection fresh and frozen-thawed embryo transfer cycles: a multicentre retrospective cohort study. Reproductive biology and endocrinology : RB&E. 2021. 19. 1. 84-84
  • Eri Maeda, Osamu Ishihara, Jun Tomio, Hiroshi Miura, Yasuki Kobayashi, Yukihiro Terada, Katsuyuki Murata, Kyoko Nomura. Cesarean delivery rates for overall and multiple pregnancies in Japan: A descriptive study using nationwide health insurance claims data. The journal of obstetrics and gynaecology research. 2021. 47. 6. 2099-2109
もっと見る
MISC (14件):
  • 村田 勝敬, 前田 恵理. 【魚と健康-その健康影響と有益性を知る-】妊婦および乳幼児の魚摂取 健康リスク軽減のための食行動. 保健の科学. 2021. 63. 5. 313-317
  • 左 勝則, 石原 理, 桑原 章, 齊藤 和毅, 齊藤 英和, 寺田 幸弘, 前田 恵理. 生殖補助医療を利用する患者の所得と特定不妊治療支援事業利用状況および治療内容との関連. 日本生殖医学会雑誌. 2020. 65. 4. 349-349
  • 前田 恵理, 石原 理, 桑原 章, 左 勝則, 齊藤 和毅, 齊藤 英和, 寺田 幸弘. 韓国・台湾の生殖補助医療公費負担制度. 日本生殖医学会雑誌. 2020. 65. 4. 352-352
  • 前田恵理. これから求められるSRHRとは(特集:ライフサイクルを見通したリプロダクティブ・ヘルス/ライツ). 家族と健康. 2020. 800
  • 前田 恵理. リプロダクティブ・ヘルス プレコンセプションケア 公衆衛生学的視点からみたプレコンセプションケア. 日本女性医学学会雑誌. 2020. 28. 1. 75-75
もっと見る
書籍 (5件):
  • 少子化社会対策に関する意識調査報告書(妊娠・出産に関する意識調査)
    2019
  • 厚生労働科学研究補助金 平成30年度研究報告書 不妊に悩む方への特定治療支援事業のあり方に関する医療政策的研究
    2019
  • 男性も女性も知っておきたい 妊娠・出産のリテラシー
    大修館書店 2018 ISBN:4469268534
  • ヘルスリテラシー :健康教育の新しいキーワード
    大修館書店 2016 ISBN:4469267953
  • FDAリスク&ベネフィット・コミュニケーション : エビデンスに基づく健康・医療に関する指針
    丸善出版 2015 ISBN:9784621089545
講演・口頭発表等 (24件):
  • 諸外国のプレコンセプションケアの動向:FertiSTATを中心に
    (看護薬理カンファレンス2020 in 東京 2020)
  • 日本におけるプレコンセプションケア
    (第6回プレコンセプションケア・オープンセミナー(プレコンセプションケア日米合同カンファレンス) 2020)
  • 生殖補助医療を利用する患者の所得と特定不妊治療支援事業利用状況および治療内容との関連
    (第65回日本生殖医学会学術講演会・総会 2020)
  • 韓国・台湾の生殖補助医療公費負担制度
    (第65回日本生殖医学会学術講演会・総会 2020)
  • 公衆衛生学的視点からみたプレコンセプションケア
    (第35回日本女性医学学会学術集会 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (東京大学)
経歴 (7件):
  • 2020/02 - 現在 秋田大学大学院医学系研究科 衛生学・公衆衛生学講座 准教授
  • 2019/04 - 2020/01 秋田大学大学院医学系研究科衛生学・公衆衛生学講座 講師
  • 2018/04 - 2019/03 秋田大学大学院医学系研究科 環境保健学講座 講師
  • 2016/04 - 2018/03 秋田大学大学院医学系研究科環境保健学講座 助教
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会特別研究員 DC2
全件表示
所属学会 (4件):
日本衛生学会 ,  日本産科婦人科学会 ,  日本生殖医学会 ,  日本公衆衛生学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る