研究者
J-GLOBAL ID:201701015750323691   更新日: 2024年07月10日

新家 寛正

Niinomi Hiromasa
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (6件): 光工学、光量子科学 ,  固体地球科学 ,  薄膜、表面界面物性 ,  結晶工学 ,  ナノ材料科学 ,  基礎物理化学
研究キーワード (13件): Mie共鳴 ,  ナノフォトニクス ,  同素不混和水 ,  高圧氷 ,  近接場 ,  光学捕捉 ,  塩素酸ナトリウム ,  キラル結晶化 ,  表面プラズモン ,  レーザー ,  核形成 ,  結晶成長 ,  キラリティ
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2024 - 2027 水/氷界面に生成する同素不混和水の構造多様性の解明
  • 2024 - 2027 水/氷界面で水から分離する“未知の水”における動的階層構造多様性とキラル秩序
  • 2024 - 2026 Mie空孔共振器に閉じ込めた分子の不斉結晶化
  • 2024 - 2025 氷/水界面で水から巨視的に分離する未知の水の構造多様性
  • 2024 - 2025 誘電体ナノ空孔を駆使した光メタ空間における結晶化
全件表示
論文 (41件):
  • Naoki Takano, Hiromasa Niinomi, Tomoya Oshikiri, Masaru Nakagawa*. Soft and hard trimming of imprint resist masks to fabricate silicon nanodisk arrays with different edge roughness. Journal of Vacuum Science and Technology B. 2024. in press
  • Hiromasa Niinomi*, Hiroshi Y. Yoshikawa, Ryuzo Kawamura, Tomoya Yamazaki, Tomoya Oshikiri, Masaru Nakagawa. In-Situ Observation of DL-Alanine Crystallization from a Laser-Trapped Dense Liquid Droplet as a Heterogeneous Nucleation Site. Chemistry Letters. 2024. 53. 6. upae100
  • Tomoya Oshikiri*, Toshiaki Hayakawa, Hiromasa Niinomi, Masaru Nakagawa*. Strong Light Confinement by a Plasmon-Coupled Parabolic Nanoresonator Array. The Journal of Physical Chemistry C. 2024. 128. 12. 5271-5279
  • Masaru Nakagawa*, Akiko Onuma, Hiromasa Niinomi, Toshiya Asano, Shintaro Itoh, Kenji Fukuzawa. Effect of thickness of surface silicon oxide on liquid advancement in nanogaps between synthetic quartz mold and silicon substrate surfaces in UV nanoimprinting. Japanese Journal of Applied Physics. 2024. 63. 04SP04
  • Hiromasa Niinomi*, Kazuhiro Gotoh, Naoki Takano, Miho Tagawa, Iori Morita, Akiko Onuma, Hiroshi Y. Yoshikawa, Ryuzo Kawamura, Tomoya Oshikiri, Masaru Nakagawa. Mie-Resonant Nanophotonic-Enhancement of Asymmetry in Sodium Chlorate Chiral Crystallization. The Journal of Physical Chemistry Letters. 2024. 15. 6. 1564-1571
もっと見る
MISC (31件):
  • 新家 寛正, 後藤 和泰, 高野 修綺, 田川 美穂, 森田 伊織, 大沼 晶子, 吉川 洋史, 川村 隆三, 押切 友也, 中川 勝. 円偏光励振 Mie 共鳴体メタ表面上でのキラル結晶化(講演番号:22a-1BN-4). 応用物理学会フォトニクス分科会「フォトニクスニュース」. 2024. 10. 1. 3-3
  • 新家寛正, 中川勝. Mie共鳴のキラルナノ光場でのキラル結晶制御ー円偏光を超えるキラルな光とは?ー. 月刊『化学』2024年6月号. 2024. 79. 40-45
  • 小泉晴比古, 新家寛正, 中尾侑加. 外部電場印加による口溶けの良いチョコレートの製造技術の開発. 2023年度物質・デバイス領域共同研究拠点 ダイナミックアライアンス 基盤共同研究 研究成果報告. 2024
  • 東 直輝, 新家 寛正. 生体一分子像観察のための蛍光増強ナノ構造の最適設計と実験的検証. 2023年度物質・デバイス領域共同研究拠点 ダイナミックアライアンス 基盤共同研究 研究成果報告. 2024
  • 新家寛正. 研究者の声. クリタ水・環境科学振興財団KWEFニュース. 2024. 23. 17-19
もっと見る
書籍 (3件):
  • Chirality - New Insights "Chiral ice crystals in space"
    IntechOpen 2022 ISBN:9781803568409
  • 新結晶成長ハンドブック 第II編第4章「外場による結晶成長制御」5節「高圧力」3項「圧力印可による高圧氷の結晶成長制御がもたらす水/氷界面ダイナミクスの新展開」
    日本結晶成長学会
  • 新結晶成長ハンドブック 第I編第4章「結晶成長の基礎実験」6節「光によるキラリティ-制御」
    日本結晶成長学会
講演・口頭発表等 (151件):
  • UV-NILによりエッジ粗さを調節したシリコンナノディスク配列体の光機能
    (次世代リソグラフィ ワークショップ 2024)
  • ナノすきまにおけるメタクリレートモノマーからなる光硬化性液体のアクリレート系密着単分子層による延展促進
    (次世代リソグラフィワークショップ 2024)
  • ポリジメチルシロキサン平板モールドを用いた酸化ニッケル ナノ結晶薄膜の作製と光電気化学特性
    (第73回高分子学会年次大会 2024)
  • 光ナノインプリント成形における液体延展の促進: モノマーと密着剤を構成する重合性官能基の相似効果
    (第73回高分子学会年次大会 2024)
  • インプリントレジストのトリミングによるシリコンナノディスクの形 態の精密制御
    (第73回高分子学会年次大会 2024)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2012 - 2015 名古屋大学 大学院工学研究科 マテリアル理工学専攻 博士課程後期課程
  • 2010 - 2012 東北大学 大学院理学研究科 地学専攻 博士課程前期2年の課程
  • 2006 - 2010 東北大学 理学部 地球物質科学科
  • - 2006 愛知県立時習館高等学校
学位 (1件):
  • 博士(工学) (名古屋大学大学院工学研究科)
経歴 (6件):
  • 2024/07 - 現在 東北大学 プロミネントリサーチフェロー
  • 2021/11 - 現在 東北大学多元物質科学研究所 マテリアル・計測ハイブリッド研究センター 助教
  • 2021/04 - 2021/10 北海道大学低温科学研究所 非常勤研究員
  • 2018/04 - 2021/03 東北大学 金属材料研究所結晶材料化学研究部門 助教
  • 2016/02 - 2018/03 千葉大学 分子キラリティ研究センター 特任助教
全件表示
委員歴 (2件):
  • 2024/04 - 現在 東北大学多元物質科学研究所 マテリアル・計測ハイブリッド研究センター, マテリアル・計測ハイブリッド研究センター若手フォーラム実行委員長
  • 2018/10 - 2018/11 第47回結晶成長国内会議 JCCG-47 実行委員
受賞 (15件):
  • 2023/12 - 科学計測振興基金 令和5年度科学計測振興賞 動的高圧セルを用いたその場光学計測による未知の水およびその構造多様性の発見
  • 2023/05 - 応用物理学会2023年ナノインプリント技術研究会 ポスター優秀発表賞 合成石英モールドを用いたUV-NILによる シリコンナノディスク配列体の作製と光機能
  • 2023/03 - 公益信託小澤・吉川記念エレクトロニクス研究助成基金 小澤・吉川記念賞 シリコンナノ構造体のMie共鳴キラル近接場によるキラル分子結晶化制御
  • 2022/12 - 一般財団法人青葉工学振興会 第28回青葉工学研究奨励賞 キラリティ増強近接場によるキラル結晶化制御
  • 2022/10 - The 22th International Conference on Nanoimprint and Nanoprint Technology (NNT2022) NNT2022 Student Poster Award for Impressive Poster Award Selection of adhesive molecular layers with monomer-repellence and chemisorption for a shape-fixed residual layer in UV nanoimprint lithography
全件表示
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る