研究者
J-GLOBAL ID:201701015819456192   更新日: 2020年10月21日

伊藤 寿宏

Ito Toshihiro
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (2件): 分子生物学 ,  環境負荷、リスク評価管理
研究キーワード (6件): がん免疫療法 ,  再生利用可能エネルギー ,  病原微生物 ,  バイオインフォマティクス ,  下水処理 ,  環境工学
論文 (13件):
  • Tetsuya Komatsu, Kenji Ohya, Kotaro Sawai, Justice Opare Odoi, Keiko Otsu, Atsushi Ota, Toshihiro Ito, Mikihiko Kawai, Fumito Maruyama. Draft genome sequences of Mycolicibacterium peregrinum isolated from a pig with lymphadenitis and from soil on the same Japanese pig farm. BMC research notes. 2019. 12. 1. 341-341
  • Iigatani R, Ito T, Watanabe F, Nagamine M, Suzuki Y, Inoue K. Electricity generation from sweet potato-shochu waste using microbial fuel cells. Journal of bioscience and bioengineering. 2019
  • Ito T, Sawai K, Kawai M, Nozaki K, Otsu K, Fukushi H, Ohya K, Maruyama F. Draft Genome Sequences of Mycolicibacter senuensis Isolate GF74 and Mycobacterium colombiense Isolates GF28 and GF76 from a Swine Farm in Japan. Microbiology resource announcements. 2018. 7. 10
  • Ito T, Sawai K, Kawai M, Nozaki K, Otsu K, Fukushi H, Ohya K, Maruyama F. Draft genome sequences of Mycolicibacter senuensis strain GF74 and Mycobacterium colombiense strain GF28 and GF76, isolated from a swine farm in Japan. Microbiology Resource Announcements. 2018. 7. 10. e00936-18
  • Ito T, Maruyama F, Sawai K, Nozaki K, Otsu K, Ohya K. Draft Genome Sequence of Mycobacterium virginiense Strain GF75, Isolated from the Mud of a Swine Farm in Japan. Genome Announcements. 2018. 6. 17. e00362-18
もっと見る
MISC (6件):
  • Ito T, Okura M, Maruyama F. Acquired and innate immunity in prokaryotes define their evolutionary story. DNA traffic in the environment, Springer. 2019
  • 伊藤寿宏, 茶本健司. T細胞代謝のリプログラミングと抗腫瘍免疫. 炎症と免疫. 2018. 27. 1
  • 伊藤寿宏, 茶本健司. PD-1阻害による新たながん治療法の開発. 現代化学. 2018. 573. 28-32
  • 押木守, 小林直央, 荒木信夫, 伊藤寿宏, 佐野大輔, 三浦尚之, 風間しのぶ, 原田秀樹, 久保田健吾, 幡本将史, et al. ナノ流路デバイスを用いた下水中RNAウイルス定量およびタイピング:DHSリアクターへの適用例. 日本水環境学会年会講演集. 2017. 51st. 546
  • 小林直央, 押木守, 荒木信夫, 本山毅宜, 伊藤寿宏, 佐野大輔, 瀬川高弘, 幡本将史, 山口隆司, 井口晃徳, et al. DHS(downflow hanging sponge)リアクターにおける病原ウイルスの除去効率. 日本水環境学会年会講演集. 2016. 50th. 657
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2013 - 2017 北海道大学 環境創生工学専攻博士課程
  • 2011 - 2013 宮崎大学 土木環境工学専攻修士課程
  • 2009 - 2011 大分工業高等専門学校 機械・環境システム工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (北海道大学)
経歴 (3件):
  • 2019/04 - 現在 国立研究開発法人医薬基盤・健康・栄養研究所 プロテオームリサーチプロジェクト 研究員
  • 2018/04 - 2019/03 京都大学 医学研究科 免疫ゲノム医学講座 研究員
  • 2017/04 - 2018/03 京都大学 医学研究科 微生物感染症学分野 特定助教
受賞 (3件):
  • 2017/02 - 土木学会 第53回環境工学研究フォーラム 論文奨励賞 「下水再生処理におけるヒト腸管系ウイルスの目標除去率の算定法」
  • 2012/11 - 土木学会 第49回環境工学研究フォーラム 環境技術・プロジェクト賞 「微生物燃料電池を用いた牛糞尿からの発電と微生物群集構造解析」
  • 2012/03 - 日本水環境学会 第46回日本水環境学会年会 年会優秀発表賞(クリタ賞) 「牛糞尿を燃料とした微生物燃料電池の開発」
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る