研究者
J-GLOBAL ID:201701016104022957   更新日: 2020年09月29日

稲川 優多

Inagawa Yuta
所属機関・部署:
職名: 病院助教
研究分野 (1件): 精神神経科学
論文 (12件):
  • Yuta Inagawa, Tsuyoshi Okada, Manabu Yasuda, Kengo Sato, Ryosuke Watanabe, Tetsuro Kawai, Mami Umino, Koju Inoue, Shiro Suda. Continuous electroconvulsive therapy for a patient with recurrent post-partum psychosis. Asian Journal of Psychiatry. 2020. 51
  • 安武 稜多郎, 岡田 剛史, 稲川 優多, 福田 和仁, 松本 健二, 須田 史朗. 骨盤内の静脈に血栓を形成した緊張病の2例. 栃木精神医学. 2019. 39. 37-42
  • 稲川優多, 塩田勝利. 薬剤性の低ナトリウム血症. 精神科治療学. 2019. 34. 増刊号. 343-345
  • 稲川優多, 大西康則, 加藤敏. 娘の不在を契機として緊張病状態が繰り返し生じた統合失調症の1例. 臨床精神病理. 2019. 40. 2. 127-136
  • 岡田剛史, 佐藤謙伍, 稲川優多, 安田学, 塩田勝利, 小林聡幸, 須田史朗. デュロキセチンが有効であった老年期の口腔内セネストパチーの2例. 老年精神医学雑誌. 2019. 30. 287-297
もっと見る
講演・口頭発表等 (19件):
  • 妄想上の同伴者を有する慢性期統合失調症の二例
    (日本精神病理学会第41回大会 2018)
  • Duloxetineが有効であった老年期の口腔内セネストパチーの2例
    (第33回日本老年精神医学会 2018)
  • 産褥期精神病の寛解に電気けいれん療法を要した2例
    (東京精神医学会第111回学術集会 2017)
  • 緊張病の包括的理解と治療戦略
    (Brain & Nervous Seminer in 下野 2017 2017)
  • 身体容器としての衣服ー体感幻覚に衣服による包み込みが有効であった統合失調症ー
    (第40回日本精神病理学会大会 2017)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2007 - 2013 山梨大学 医学部 医学科
経歴 (6件):
  • 2018/04 - 現在 自治医科大学 精神医学教室 病院助教
  • 2018/04 - 2018/08 佐野厚生総合病院 精神科 医員
  • 2017/04 - 2018/03 自治医科大学 精神医学教室 臨床助教
  • 2016/04 - 2017/03 上都賀総合病院 精神科 医員
  • 2015/04 - 2016/03 自治医科大学 精神医学教室 臨床助教
全件表示
所属学会 (7件):
日本老年精神医学会 ,  日本総合病院精神医学会 ,  日本認知症学会 ,  日本精神病理学会 ,  日本精神神経学会 ,  日本児童青年精神医学会 ,  日仏医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る