研究者
J-GLOBAL ID:201701016139664420   更新日: 2020年06月08日

清水 晶

シミズ アキラ | Shimizu Akira
所属機関・部署:
職名: 講師
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • 皮膚科  講師
研究分野 (2件): ウイルス学 ,  皮膚科学
研究キーワード (5件): 皮膚科学 ,  ウイルス ,  レトロトランスポゾン ,  ヒトパピローマウイルス ,  膠原病
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2006 - Bowen病におけるヒトパピローマウイルス(HPV)の検出 特に爪部Bowen病とHPV56
  • 1998 - レトロウイルス以外のRNAウイルスもヒト細胞内で逆転写される SLEとの関連
MISC (43件):
  • Ito, Yui, Ogata, Dai, Shimizu, Akira, Arai, Eiichi, Tsuchida, Tetsuya. Detection of human papillomavirus type 52 in a case of gluteal squamous cell carcinoma. JOURNAL OF DERMATOLOGY. 2018. 45. 6. E154-E155
  • Kuriyama Y, Shimizu A, Yamada K, Yasuda M, Amano H, Tamura A, Ishikawa O. Classic Kaposi sarcoma of the penis in HIV negative men. JOURNAL OF DERMATOLOGY. 2018. in press
  • Hattori, Mai, Shimizu, Akira, Nakano, Hajime, Ishikawa, Osamu. Mild phenotype of junctional epidermolysis bullosa with pyloric atresia due to a novel mutation of the ITGB4 gene. JOURNAL OF DERMATOLOGY. 2018. 45. 7. E203-E204
  • Kuriyama, Yuko, Shimizu, Akira, Ohnishi, Kazunori, Ishikawa, Osamu. Detection of human papillomavirus in actinic keratosis. JOURNAL OF DERMATOLOGY. 2018. 45. 7. E183-E184
  • Hattori, Mai, Shimizu, Akira, Ishikawa, Osamu. Calcinosis Cutis Caused by Subcutaneous Injection of Calcium-containing Heparin in a Patient with Systemic Lupus Erythematosus. ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA. 2018. 98. 6. 614-615
もっと見る
講演・口頭発表等 (14件):
  • Kaposi’s sarcoma-aasociated herpesvirus vFLIPによるNF-kB活性化のメカニズム
    (第19回分子皮膚科学フォーラム 2012)
  • デスモグレイン4の遺伝子変異を認めた先天性乏毛症の1例
    (第27回角化症研究会 2012.8.4 2012)
  • Generation of cytoplasmic DNA of an RNA virus by human LINE-1.
    (The 36th Annual Meeting of the Japanese Society for Investigative dermatology 2011)
  • Human papillomavirus type 56陽性Bowen病の検討
    (第63回日本皮膚科学会西部支部学術大会 2011)
  • ケラチン4の遺伝子変異を認めたwhite sponge nevusの1例
    (第26回角化症研究会 2011)
もっと見る
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る