研究者
J-GLOBAL ID:201701016414912634   更新日: 2024年06月10日

阿毛 香絵

アモウ カエ | Kae Amo
所属機関・部署:
職名: 助教
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
  • フランスアフリカ世界研究所
研究分野 (1件): 文化人類学、民俗学
研究キーワード (5件): アフリカ研究 ,  政治人類学 ,  教育 ,  西アフリカ ,  イスラーム
論文 (7件):
  • 阿毛香絵, 樫尾直樹. 現代社会における宗教性に関する アフリカ・アジア比較研究の可能性 -認識論的視座の再検討-. 京都精華大学紀要. 2024. Vol 57
  • 阿毛香絵, 岩田拓夫, 近藤有希子, 福西隆弘, 宮内洋平. 【学会通信】日本アフリカ学会第 60 回学術大会 公開シンポジウム報告「将来世代からア フリカの未来を考える」. アフリカ研究. 2024. 104. 15-22
  • Kenichi Sawazaki, Kae Amo, Yo Nonaka, Shuta Shinmyo, Mamoru Hasegawa, Ahmed Alian, Yunus Ertuğrul. Emergent Use of Visual Media in Young Muslim Studies. TRAJECTORIA | Anthropology, Museums and Art. 2024. Vol5
  • Kae AMO. Female Muslim Students in Senegal. An Ethnography of Religious and Identity Diversity on University Campuses (in French). Cahiers d’Études africaines « La classe en islam : entre piété et distinction », Éditions de l’EHESS, 2022. 2022. 248. 797-827
  • 吉野 浩司, 阿毛 香絵. 亡命ロシア知識人ジョルジュ・ギュルヴィッチの現代フランス社会学・人類学への貢献. 鎮西学院大学地域総合研究所研究紀要. 2022. 20. 1. 13-26
もっと見る
MISC (9件):
  • 阿毛香絵. 【書評】池邉 智基 著 『セネガルの宗教運動バイファル-神のために 働くムスリムの民族誌』. アフリカ研究. 2024. 104. 14-17
  • 藤枝絢子, 中尾沙季子, 阿毛香絵, ユー・スギョン, 吉野利章, 大下大介, Urushima Andorea. 【教育ノート】遠隔多言語空間における協働の可能性 〜西アフリカ諸国の大学との学生交流 (CALEBASSEプロジェクト)を事例として〜. 京都精華大学紀要. 2024. Vol 57
  • FHD, 監督, 編集, 阿毛 香絵, 出演, 阿毛 香絵, 澤崎 賢一, 野中 葉, 長谷川 護, アフメド・アリアン, et al. 【映像作品】『交差(ノマド)する視点|REGARDS NOMADES』. https://youtu.be/GJtrCb6ES20?si=FSVbzdnJH9mD9NSv. 2023
  • 藤枝 絢子, 阿毛 香絵. 【教育ノート】オンライン多文化環境の協働における学び : 2022年Shared Campusサマースクール「Streets : 街路で考える」を事例として-Online Collaborative Learning in a Multicultural Environment : A Case Study on Shared Campus Summer School "Streets" in 2022. 京都精華大学紀要 = Journal of Kyoto Seika University / 京都精華大学紀要委員会 編. 2022. 56. 253-263
  • Juko Ando, Mei Zhong, Kae Amo. Children in family, school, and society: China and Senegal. INTERNATIONAL JOURNAL OF PSYCHOLOGY. 2016. 51. 451-451
もっと見る
書籍 (6件):
  • 不自由な社会で自由に生きる (光文社新書 1269)
    光文社 2023 ISBN:4334100155
  • 現代アフリカ文化の今 : 15の視点から、その現在地を探る
    青幻舎 2020 ISBN:9784861527791
  • Les politiques de l'Islam en Afrique. Mémoires, réveils et populismes islamiques
    Karthala 2018
  • 子どもたちの生きるアフリカ-伝統と開発がせめぎあう大地で
    昭和堂 2017 ISBN:9784812216361
  • 西アフリカの移民たちの肖像とディスクール
    Riveneuve 2015 ISBN:9782360132911
もっと見る
講演・口頭発表等 (40件):
  • セネガルにおけるイスラム、政治、エリート概念の変容(Islam, politics and the transformation of the notion of elite in Senegal)(仏語)
    (Meeting n°5 of the GSRL "Religion and Francophonie" program. In collaboration with the GSRL Asia program 2024)
  • Urbanization and Mobility in African Cities. Cases from Dakar (Senegal) and Abidjan (Côte d’Ivoire).
    (World Anthropology Congress 2023 (16UG - Urbanism, Globalism, Corporatism and Popular Cultures) 2023)
  • デジタルネイティブ世代の宗教性とソーシャビリティ: 変化するセネガル社会を鏡として
    (日本アフリカ学会第60回学術大会公開シンポジウム 『将来世代からアフリカ社会の未来を考える』 2023)
  • 『教団共和国 セネガル』を再考する̶アフリカ社会主義からネオリベラリズムとイスラ-ム ポピュリズムへの 60 年
    (日本アフリカ学会第60回学術大会 2023)
  • 政治・宗教のダイナミズム セネガルの経験から
    (フランス国立アフリカ世界研究所(IMAf)主催ワークショップ「ジャン・ピエール・ドゾンの政治人類学における功績」 2023)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2009 - 2019 フランス国立社会科学高等研究院 博士 文化人類学
  • 2008 - 2010 慶応義塾大学 修士課程 政策メディア研究科
  • 2005 - 2007 セネガル国立ダカール大学 修士課程 社会学
  • フランス国立社会科学高等研究院 修士課程 文化人類学
学位 (4件):
  • 修士 (フランス国立社会科学高等研究院)
  • 博士 (フランス国立社会科学高等研究院)
  • 修士 (慶応義塾大学総合政策学部)
  • 修士前期(Maîtrise) (セネガル国立ダカール(シェーク・アンタ・ディオップ)大学)
経歴 (5件):
  • 2023/04 - 現在 京都大学 大学院アジア・アフリカ地域研究研究科 助教
  • 2021/04 - 2023/03 京都精華大学 国際文化学部 特別任用講師
  • 2020/04 - 2021/03 京都精華大学 人文学部 特別任用講師
  • 2019/04 - 2019/09 東京外国語大学 言語文化学部 非常勤講師
  • 2013/01 - 2018/12 フランス国立社会科学高等研究院 日仏財団 研究員
委員歴 (3件):
  • 2023/04 - 現在 African Study Monographs Editorial Committee
  • 2023/04 - 現在 『アジア・アフリカ地域研究』 編集委員
  • 2021/04 - 現在 日本アフリカ学会『アフリカ研究』 編集委員
所属学会 (5件):
比較文明学会 ,  日本アフリカ学会 ,  Association française d'éthnologie et d'anthropologie ,  La société des Africanistes ,  International Union of Anthropological and Ethnological Sciences
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る