研究者
J-GLOBAL ID:201701016490139111   更新日: 2022年08月09日

中村 史朗

ナカムラ シロウ | Nakamura Shiro
所属機関・部署:
職名: 准教授
研究分野 (2件): 成長、発育系歯学 ,  常態系口腔科学
研究キーワード (9件): シナプス伝達 ,  生後発達 ,  パッチクランプ法 ,  脳スライス標本 ,  神経生理学 ,  吸啜 ,  咀嚼 ,  顎運動 ,  神経科学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2022 - 2025 摂食機能の発達におけるセロトニン神経系の役割の解明
  • 2019 - 2022 咀嚼機能の獲得における抑制性シナプス形成の役割の解明
  • 2021 - 2021 三叉神経中脳路核ニューロンの歯根膜機械・固有感覚を担う分子基盤・機械感受性イオンチャネル-感覚調節機能連関解析
  • 2016 - 2020 摂食行動の臨界期を制御する興奮性シナプス伝達機構の解明
  • 2016 - 2016 吸啜から咀嚼への転換を制御する中枢神経機構の解明と新規咀嚼訓練法の開発
全件表示
論文 (65件):
  • Avijite Kumer Sarkar, Shiro Nakamura, Kento Nakai, Taro Sato, Takahiro Shiga, Yuka Abe, Yurie Hoashi, Tomio Inoue, Wado Akamatsu, Kazuyoshi Baba. Increased excitability of human iPSC-derived neurons in HTR2A variant-related sleep bruxism. Stem cell research. 2022. 59. 102658-102658
  • Risa Kajiwara, Shiro Nakamura, Keiko Ikeda, Hiroshi Onimaru, Atsushi Yoshida, Yumi Tsutsumi, Kiyomi Nakayama, Ayako Mochizuki, Masanori Dantsuji, Akiko Nishimura, et al. Intrinsic properties and synaptic connectivity of Phox2b-expressing neurons in rat rostral parvocellular reticular formation. Neuroscience research. 2021
  • Tsuyoshi Noguchi, Shiro Nakamura, Kiyomi Nakayama, Ayako Mochizuki, Masanori Dantsuji, Yoshiaki Ihara, Koji Takahashi, Tomio Inoue. Developmental changes in GABAergic and glycinergic synaptic transmission to rat motoneurons innervating jaw-closing and jaw-opening muscles. Brain research. 2021. 147753-147753
  • Shiro Nakamura, Risa Kajiwara, Tsuyoshi Noguchi, Kiyomi Nakayama, Ayako Mochizuki, Masanori Dantsuji, Avijite Kumer Sarkar, Tomio Inoue. Postnatal Maturation of Glutamatergic Inputs onto Rat Jaw-closing and Jaw-opening Motoneurons. Neuroscience. 2021. 480. 42-55
  • Atsushi Michael Kimura, Mayumi Tsuji, Taro Yasumoto, Yukiko Mori, Tatsunori Oguchi, Yuya Tsuji, Masakazu Umino, Asami Umino, Toru Nishikawa, Shiro Nakamura, et al. Myricetin prevents high molecular weight Aβ1-42 oligomer-induced neurotoxicity through antioxidant effects in cell membranes and mitochondria. Free radical biology & medicine. 2021. 171. 232-244
もっと見る
MISC (28件):
書籍 (5件):
  • 歯科衛生学シリーズ 人体の構造と機能1 解剖学・組織発生学・生理学
    医科歯科出版 2022
  • 基礎歯科生理学第7版
    医歯薬出版 2020
  • 新 よくわかる顎口腔機能
    医歯薬出版 2017
  • 咬合のサイエンスとアート
    クインテッセンス出版 2016
  • 咀嚼・嚥下機能の検査法
    日本顎口腔機能学会 2007
講演・口頭発表等 (47件):
  • Vitamin B12 may prevent Aβ oligomer-induced neurotoxicity in Alzheimer's disease
    (Alzheimer's & Dementia 2020)
  • 咀嚼運動制御に関わる神経基盤:脳幹に存在する顎運動制御回路について
    (第62回歯科基礎医学会学術大会 2020)
  • 小細胞性網様体に存在するPhox2陽性ニューロンの電気生理学的・形態学的解析
    (Journal of Oral Biosciences Supplement 2020)
  • 睡眠時ブラキシズム特異的iPS細胞由来GABA作動性神経細胞の電気生理学的評価
    (日本補綴歯科学会誌 2019)
  • Developmental alteration of synaptic properties of jaw-closing and jaw-opening motoneurons
    (Oral Neuroscience 2018 in Osaka Univ 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2002 北海道大学大学院歯学研究科
  • 1992 - 1998 北海道大学
学位 (2件):
  • 博士(歯学) (北海道大学)
  • D.D.S. (Hokkaido University)
経歴 (6件):
  • 2016/10 - 現在 昭和大学 歯学部 准教授
  • 2013/04 - 2016/10 昭和大学 歯学部 講師
  • 2007/04 - 2013/04 昭和大学 歯学部 助教
  • 2009/01 - 2010/12 ミシガン大学 歯学部 客員研究員
  • 2004/04 - 2007/03 昭和大学 歯学部 助手
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 日本生理学会 評議員
  • 2018/05 - 現在 歯科基礎医学会 代議員
  • 2021/01 - Frontiers in Dental Medicine review editor
  • 2021/01 - 日本咀嚼学会 評議員
受賞 (1件):
  • 2015/05 - 昭和大学 上條奨学賞
所属学会 (8件):
北米神経科学会 ,  日本歯科医学教育学会 ,  昭和大学学士会 ,  日本顎口腔機能学会 ,  日本生理学会 ,  日本神経科学学会 ,  歯科基礎医学会 ,  日本咀嚼学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る