研究者
J-GLOBAL ID:201701016676403455   更新日: 2020年12月01日

松田 研史郎

マツダ ケンシロウ | Matsuda Kenshiro
所属機関・部署:
職名: 研究員
研究分野 (3件): 獣医学 ,  獣医学 ,  獣医学
研究キーワード (5件): 掻痒 ,  マスト細胞 ,  動物行動学 ,  アトピー性皮膚炎 ,  アレルギー
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2018 - 2021 組織酸素濃度から読み解く皮膚のストレス応答とアレルギー病態制御の新機軸
  • 2019 - 2020 酸素起因性アナフィラキシー病態におけるマスト細胞の酸素受容機構
  • 2017 - 2018 相対的低酸素環境に基づく新たなアレルギー病態の解析
  • マスト細胞活性化症候群を基盤とする難治性炎症性病態の比較動物学的再定義
論文 (16件):
もっと見る
MISC (1件):
  • Kenshiro Matsuda, Shuichi Yanai, Shogo Endo, Akane Tanaka, Hiroshi Matsuda. DEPRESSIVE BEHAVIOR MANIFESTED IN NC/TND MICE SUFFERING FROM ATOPIC DERMATITIS. ACTA DERMATO-VENEREOLOGICA. 2017. 97. 8. 1019-1020
講演・口頭発表等 (13件):
  • Peripheral interleukin-6 signaling is a leading cause of the depressive behavior induced by atopic dermatitis in NC/Tnd mice
    (World Congress on Itch 2019)
  • Mouse mast cell protease-6 induced aberrent vascular remodeling via monocyte chemotactic protein-1 in oxygen-induced retinopathy
    (European Academy of Allergy & Clinical Immunology Congress 2019 2019)
  • 未熟児網膜症モデルマウスにおけるトリプターゼを介した網膜異常血管のリモデリング
    (Tokyo Biomarker Innovation Research Association Forum 2019 2019)
  • アトピー性皮膚炎に続発するうつ病の発生メカニズム
    (順天堂大学環境医学研究所第4回学術シンポジウム 2018)
  • NC/Tndマウスはアトピー性皮膚炎に続発するうつ病のスタンダードモデルか?
    (第28回国際痒みシンポジウム 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 2014 - 2017 東京農工大学 共同先進健康科学専攻
学位 (1件):
  • 生命科学博士
経歴 (3件):
  • 2020/04 - 現在 筑波大学 革新的創薬開発研究センター 研究員
  • 2017/04 - 2020/03 東京農工大学 農学部 産学官連携研究員
  • 2019/05 - Division of Infection, Immunity & Respiratory Medicine, The University of Manchester
受賞 (4件):
  • 2019/06 - Scholarship (European Academy of Allergy & Clinical Immunology Congress 2019) Mouse mast cell protease-6 induced aberrent vascular remodeling via monocyte chemotactic protein-1 in oxygen-induced retinopathy
  • 2018/09 - 日本実験動物医学会 前島賞 未熟児網膜症病態発現機構の分子解析: マスト細胞の必要性
  • 2018/05 - Scholarship (European Academy of Allergy & Clinical Immunology Congress 2018) Mast cells are critical for aberrant vascular remodeling of oxygen-induced retinopathy
  • 2017/10 - Travel grant (9th World Congress on Itch) Depressive behavior manifested in NC/Tnd mice suffering from atopic dermatitis
所属学会 (4件):
日本実験動物医学会 ,  The International Forum for the Study of Itch ,  European Academy of Allergy and Clinical Immunology ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る