研究者
J-GLOBAL ID:201701016715005349   更新日: 2020年09月14日

上田 篤

ウエダ アツシ | Ueda Atsushi
所属機関・部署:
職名: -
研究分野 (4件): 発生生物学 ,  分子生物学 ,  細胞生物学 ,  医化学
研究キーワード (11件): 生命工学 ,  p53 ,  分化 ,  STAT3 ,  自己複製 ,  幹細胞 ,  GABP ,  再生医学 ,  転写因子 ,  多能性幹細胞 ,  ES細胞
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2019 - 2020 転写因子GABPによる多能性幹細胞特有の細胞周期制御
  • 2019 - 2020 ミトコンドリアSTAT3による新たな細胞運命制御機構の解析
  • 2017 - 2020 がん遺伝子を介した幹細胞性制御機構の新たな分子基盤の解明
  • 2018 - 2019 転写因子GABPのp53を介したES細胞の維持機構
  • 2018 - 2019 ゲノム編集で目的の変異のみを組み込む効率的なノックイン法の確立
全件表示
論文 (12件):
  • Muraoka M, Akagi T, Ueda A, Wada T, Koeffler HP, Yokota T, Yachie A. C/EBPε ΔRS derived from a neutrophil-specific granule deficiency patient interacts with HDAC1 and its dysfunction is restored by trichostatin A. Biochem Biophys Res Commun. 2019. 16. 1. 293-299
  • Hirasaki M, Ueda A, Asaka MN, Uranishi K, Suzuki A, Kohda M, Mizuno Y, Okazaki Y, Nishimoto M, Sharif J, et al. Identification of the Coiled-Coil Domain as an Essential Methyl-CpG-Binding Domain Protein 3 Element for Preserving Lineage Commitment Potential of Embryonic Stem Cells. Stem Cells. 2018. 36. 9. 1355-1367
  • Atsushi Ueda, Tadayuki Akagi, Takashi Yokota. GA-Binding Protein Alpha Is Involved in the Survival of Mouse Embryonic Stem Cells. STEM CELLS. 2017. 35. 11. 2229-2238
  • Bo Zhu, Atsushi Ueda, Xiaohong Song, Shin-ichi Horike, Takashi Yokota, Tadayuki Akagi. Baf53a is involved in survival of mouse ES cells, which can be compensated by Baf53b. SCIENTIFIC REPORTS. 2017. 7. 1. 14059
  • Ayumu Suzuki, Masataka Hirasaki, Tomoaki Hishida, Jun Wu, Daiji Okamura, Atsushi Ueda, Masazumi Nishimoto, Yutaka Nakachi, Yosuke Mizuno, Yasushi Okazaki, et al. Loss of MAX results in meiotic entry in mouse embryonic and germline stem cells. NATURE COMMUNICATIONS. 2016. 7. 11056
もっと見る
MISC (5件):
  • 上田篤. ゲノム編集で目的の変異のみを組み込む効率的なノックイン法の確立. 東京生化学研究会助成研究報告集平成30年度版. 2019. 129-134
  • Zhu B, Ueda A, Song X, Akagi T, Yokota T. Loss of function of Baf53a (a subunit of chromatin remodeling complex) results in cell death and Baf53b, as well as Baf53a, rescue the phenotype in mouse ES cells. Cytokine. 2017. 100. 148
  • Ueda A, Akagi T, Yokota T. Ets-Related transcription factor GABPα is involved in the survival of mouse embryonic stem cells. Cytokine. 2017. 100. 106-106
  • 上田篤. iPS細胞におけるBivalentクロマチン構造構築の分子メカニズムの解明. 埼玉医科大学雑誌. 2016. 43. 1. 63-64
  • 上田 篤. マウスES細胞における未分化状態維持機構の解析. 金沢大学十全医学会雑誌. 2009. 118. 2. 47-48
講演・口頭発表等 (19件):
  • マウスES細胞におけるEtsファミリー転写因子GABPの各構成因子の役割
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • がん細胞で認められた変異型STAT3を介した多能性幹細胞の自己複製制御機構
    (第42回日本分子生物学会年会 2019)
  • 好中球二次顆粒欠損症で認めた変異型転写因子C/EBPεΔRSのHDAC阻害剤による機能回復の可能性
    (第47回日本臨床免疫学会総会 2019)
  • ゲノム編集で目的の変異のみを組み込む効率的なノックイン法の確立
    (平成30年度 東京生化学研究会 助成研究報告会 2019)
  • マウスES細胞における転写因子GABPの機能解析
    (第41回日本分子生物学会年会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2008 - 2012 金沢大学 がん医化学専攻
  • 2007 - 2008 金沢大学 医化学専攻
  • 2003 - 2007 富山大学 物質生命システム工学科
学位 (1件):
  • 博士(医学) (金沢大学)
経歴 (5件):
  • 2020/04 - 2020/09 金沢大学 医薬保険研究域医学系 幹細胞免疫制御学 助教
  • 2015/11 - 2020/03 金沢大学 医薬保健研究域 医学系 再生分子医学 助教
  • 2014/04/01 - 2015/10/31 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 発生・分化・再生部門 ポストドクター
  • 2013/10/01 - 2014/03/31 埼玉医科大学 ゲノム医学研究センター 発生・分化・再生部門 特任研究員
  • 2012/10/01 - 2013/09/30 金沢大学 医薬保健研究域 医学系 再生分子医学 博士研究員
受賞 (1件):
  • 2009/03 - 金沢大学 修士課程優秀論文賞 マウス胚性幹細胞におけるGliの機能解析
所属学会 (3件):
金沢国際がん生物学研究会 ,  金沢大学十全医学会 ,  日本分子生物学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る