研究者
J-GLOBAL ID:201701016726925768   更新日: 2021年04月06日

田中 素子

Tanaka Motoko
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2014 - 2015 平成26年度教員免許更新制高度化のための調査研究事業
論文 (12件):
  • Motoko Tanaka. "Godzilla Resurgence : l’Apocalypse post-11 mars". CinémAction. 2019. 172. 68-77
  • Motoko Tanaka. "Trajectory of Modern Japanese Science Fiction". 玉川大学リベラルアーツ学部研究紀要. 2019. 12. 61-64
  • 出山実, 田中素子, 山田恭子. 「平成26年度免許更新制高度化のための調査研究事業委託事業成果報告書地域の問題解決を目標にした生徒主体型授業の構築」. 2016
  • Motoko Tanaka. “GANTZ Interpreted from Two Critical Perspectives.”. International Journal of Comic Art. 2016. 17. 2. 49-66
  • Motoko Tanaka. "Class Structure and Ethics in Shinjū Ten no Amijima". Asian Culture and History. 2015. 8. 1. 28-37
もっと見る
MISC (3件):
  • 田中素子. ポップカルチャー. 全人. 2020. 853. 4
  • 田中素子. どこから見て、何を知るのか 玉川玉手箱26. 全人. 2020. 849. 30
  • 田中素子. アニメーションにおける黙示録的表現ー『東京マグニチュード8.0』. 日本映像学会第45回大会概要集. 2019. 30
書籍 (1件):
  • Apocalypse in Contemporary Japanese Science Fiction
    Palgrave Macmillan 2014
講演・口頭発表等 (7件):
  • 「アニメーションにおける黙示録的表現-『東京マグニチュード8.0』」
    (日本映像学会 第45回大会 2019)
  • 現代日本の黙示録的想像力
    (リベラルアーツ学部共同研究 リベラルアーツ的学際性の実践研究 2018)
  • Apocalyptic Imagination in Contemporary Japan
    (JSC Semiar Series 2016)
  • “Trends of Fiction in 2000s Japanese Pop Culture.”
    (Japanese Popular Culture Lecture 2016)
  • 「フューチャーセッションを用いたアクティブ・ラーニングの効果」
    (日本心理学会 第79回大会 2015)
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1990 - 1995 国際基督教大学 人文科学科
経歴 (5件):
  • 2012/04 - 2017/03 宮崎産業経営大学 法学部 法律学科 准教授
  • 2012 - 2017 宮崎産業経営大学 法学部 准教授
  • 2008 - 2009 University of British Columbia Asian Studies Research Assistant
  • 2005 - 2007 University of British Columbia Asian Studies Teaching Assistant
  • 2000 - 2001 University of British Columbia Asian Studies Teaching Assistant
所属学会 (4件):
Association for Asian Studies (AAS) ,  International Association for Asia Pacific Studies (IAAPS) ,  日本文学協会 ,  日本映像学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る