研究者
J-GLOBAL ID:201701016741837778   更新日: 2020年09月01日

湯山 育子

ユヤマ イクコ | Yuyama Ikuko
所属機関・部署:
職名: 特任助教
研究分野 (1件): 分子生物学
研究キーワード (6件): バイオインフォマティクス ,  分子進化 ,  ストレス応答 ,  サンゴ ,  渦鞭毛藻 ,  細胞内共生
競争的資金等の研究課題 (11件):
  • 2018 - 2021 サンゴの白化現象メカニズム究明と大規模白化に対する生物化学的防止・救済策の確立
  • 2019 - 2021 サンゴ-褐虫藻共生成立・不成立に関わる遺伝子発現ネットワーク情報の構築
  • 2018 - 2019 造礁性サンゴ体内の褐虫藻の増加に影響する物質の特定
  • 2015 - 2018 造礁性サンゴにおける遺伝子ノックダウン技術の確立と応用
  • 2017 - 2017 造礁性サンゴにおける遺伝子ノックダウン技術の確立と応用
全件表示
論文 (24件):
  • Yuyama, Ikuko, Higuchi, Tomihiko. Differential gene expression in skeletal organic matrix proteins of scleractinian corals associated with mixed aragonite/calcite skeletons under low mMg/Ca conditions. PEERJ. 2019. 7. e7241. e7241
  • Tomihiko, Higuchi, Yuyama, Ikuko, Agostini, Sylvain. Physiology of winter coral bleaching in temperate zone. Evolution of Marine Coastal Ecosystems under the Pressure of Global Changes:Proceedings of Coast Bordeaux and of the 17th French-Japanese Oceanography Symposium. 2019
  • Yuyama, Ikuko, Ishikawa, Masakazu, Nozawa, Masafumi, Yoshida, Masa-aki, Ikeo, Kazuho. Transcriptomic changes with increasing algal symbiont reveal the detailed process underlying establishment of coral-algal symbiosis. Scientific Reports. 2018. 8. 1
  • 湯山, 育子. ゲノム,トランスクリプトームデータから明らかにされる刺胞動物-藻類の細胞内共生. 生物科学. 2018. 69. 4. 214-222
  • Higuchi, Tomihiko, Shirai, Kotaro, Mezaki, Takuma, Yuyama, Ikuko. Temperature dependence of aragonite and calcite skeleton formation by a scleractinian coral in low mMg/Ca seawater. GEOLOGY. 2017. 45. 12. 1087-1090
もっと見る
書籍 (5件):
  • 生物の科学 遺伝
    2020
  • Temperature dependence of aragonite and calcite skeleton formation by a scleractinian coral in low mMg/Ca seawater
    Tomihiko Higuchi, Kotaro Shirai, Takuma Mezaki, Ikuko Yuyama 2017
  • 書評: 山城秀之著サンゴ知られざる世界/ 日本サンゴ礁学会ニュースレターNo.71
    2017
  • サンゴは褐虫藻を選んでいる/月刊ダイバー 2012年8月
    2012
  • 月刊地球総特集バイオミネラリゼーションと石灰化
    海洋出版株式会社 2009
講演・口頭発表等 (19件):
  • NanoSIMSを用いたサンゴ-褐虫藻における硫黄動態の可視化
    (日本サンゴ礁学会第22回大会 2019)
  • RNAi によるAcropora tenuisレクチン遺伝子の発現抑制と褐虫藻獲得
    (日本サンゴ礁学会第22回大会 2019)
  • 光阻害過程とサンゴの白化現象のモデル化
    (日本サンゴ礁学会第22回大会 2019)
  • Skeletal formation of scleractinian corals in response to Mg/Ca fluctuation
    (日本地球惑星科学連合2019年大会 2019)
  • サンゴの白化対応策の検討-遺伝子発現レベルでの評価-
    (日本サンゴ礁学会第22回大会 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(理学) (東京大学)
経歴 (5件):
  • 2016/12/01 - 現在 筑波大学 生命環境系 特任助教
  • 2014 - 2016 国立遺伝学研究所 生命情報研究センター JSPS特別研究員(RPD)
  • 2011 - 2013 静岡大学 創造科学技術大学院 研究員
  • 2009 - 2011 琉球大学 理学系研究科 研究員
  • 2007/04 - 2009/03 日本学術振興会 JSPS特別研究員(DC2)
委員歴 (2件):
  • 2015/07 - 現在 日本サンゴ礁学会 広報委員
  • 2015/07 - 現在 日本サンゴ礁学会 評議委員
受賞 (3件):
  • 2017/11/25 - 日本サンゴ礁学会 日本サンゴ礁学会川口奨励賞
  • 2013 - 日本動物学会 日本動物学会女性研究者奨励OM賞
  • 2009 - 日本動物学会 日本動物学会江上賞
所属学会 (4件):
日本サンゴ礁学会 ,  日本動物学会 ,  日本分子生物学会 ,  日本藻類学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る