研究者
J-GLOBAL ID:201701017018826535   更新日: 2021年05月27日

前田 圭介

マエダ ケイスケ | MAEDA Keisuke
所属機関・部署:
職名: 医長
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
ホームページURL (1件): https://www.researchgate.net/profile/Keisuke_Maeda2
研究分野 (6件): 高齢者看護学、地域看護学 ,  代謝、内分泌学 ,  栄養学、健康科学 ,  リハビリテーション科学 ,  代謝、内分泌学 ,  内科学一般
研究キーワード (5件): 誤嚥性肺炎 ,  リハビリテーション栄養 ,  低栄養 ,  摂食嚥下障害 ,  サルコペニア
競争的資金等の研究課題 (8件):
  • 2021 - 2025 サルコペニアの摂食嚥下障害の評価と介入法確立に関する老年栄養学的臨床研究
  • 2021 - 2024 嚥下超音波検査法と深層学習を融合した誤嚥検出アルゴリズムの開発
  • 2020 - 2023 老年症候群と食および排泄の問題に関する研究(20-57)
  • 2021 - 2022 老年内科入院高齢者におけるサルコペニアの摂食嚥下障害有 病率調査
  • 2020 - 2022 コロナ時代の遠隔健康相談システムの開発(20-59)
全件表示
論文 (121件):
  • 内海 紗良, 前田 圭介, 久保田 丈太, 中谷 咲良, 原田 義彦, 成田 勇樹, 猿渡 淳二, 近藤 悠希, 石塚 洋一, 入江 徹美, et al. サルコペニア患者の腎機能予測における血清クレアチニン値0.6mg/dLへのround upの妥当性評価. 日本腎臓病薬物療法学会誌. 2021. 10. 1. 3-10
  • Saori Nakahara, Miyuki Takasaki, Sayaka Abe, Chisa Kakitani, Shinta Nishioka, Hidetaka Wakabayashi, Keisuke Maeda. Aggressive nutrition therapy in malnutrition and sarcopenia. Nutrition. 2021. 84. 111109-111109
  • Keisuke Maeda, Kenta Murotani, Satoru Kamoshita, Yuri Horikoshi, Akiyoshi Kuroda. Nutritional management in inpatients with aspiration pneumonia: a cohort medical claims database study. Archives of gerontology and geriatrics. 2021. 95. 104398-104398
  • Akio Shimizu, Keisuke Maeda, Shinsuke Nagami, Ayano Nagano, Yumi Yamada, Midori Shimizu, Yuria Ishida, Jun Kayashita, Ichiro Fujishima, Naoharu Mori, et al. Low tongue strength is associated with oral and cough-related abnormalities in older inpatients. Nutrition. 2021. 83. 111062-111062
  • Tatsuro Inoue, Keisuke Maeda, Akio Shimizu, Ayano Nagano, Junko Ueshima, Keisuke Sato, Kenta Murotani. Calf circumference value for sarcopenia screening among older adults with stroke. Archives of Gerontology and Geriatrics. 2021. 93. 104290-104290
もっと見る
MISC (62件):
もっと見る
書籍 (29件):
  • 栄養療法ドリル
    羊土社 2021 ISBN:9784758109123
  • 終末期の肺炎
    南山堂 2020
  • Aspiration Pneumonia The Current Clinical Giant for Respiratory Physicians
    Springer Nature 2020 ISBN:9789811545054
  • 診察室で始めよう!口腔機能管理と栄養指導
    永末書店 2020 ISBN:9784816013768
  • 臨床研究アウトプット術
    中外医学社 2020 ISBN:4498048784
もっと見る
講演・口頭発表等 (248件):
  • Development of appendicular muscle mass estimating formulas for older adults considering paralysis
    (13th international SCWD digital conference on cachexia, sarcopenia and muscle wasting 2020)
  • SARC-F Questionnaire score is Associated with Mortality of Cancer Patients Receiving Palliative Care
    (13th international SCWD digital conference on cachexia, sarcopenia and muscle wasting 2020)
  • The validity of SARC-F on screening sarcopenia defined by AWGS 2019 in hospitalized older adults
    (13th international SCWD digital conference on cachexia, sarcopenia and muscle wasting 2020)
  • Meet the Expert4「How to~NSTでのフレイル・サルコペニア対策」
    (第7回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2020)
  • Calf circumference value for sarcopenia screening among older adults with stroke
    (6th Asian Conference for Frailty & Sarcopenia 2020)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (熊本大学大学院医学部)
委員歴 (14件):
  • 2021/03 - 現在 日本臨床栄養代謝学会 ガイドライン作成委員
  • 2020/11 - 現在 Nutrients (MDPI) Editorial Board Member
  • 2020/09 - 現在 日本プライマリ・ケア連合学会 英文誌編集委員会
  • 2020/05 - 現在 Nutrients (MDPI) Guest Editor
  • 2020/02 - 現在 日本臨床栄養代謝学会 代議員
全件表示
受賞 (8件):
  • 2020/10 - The 6th Asian Conference for Frailty & Sarcopenia Outstanding Abstract Award
  • 2020/07 - Geriatrics & Gerontology International Best Reviewer Award 2019
  • 2020/01 - 第23回日本病態栄養学会年次学術集会 最優秀栄養サポートチーム
  • 2018/06 - 第19回 アジア静脈経腸栄養学会 ベストポスター賞 Calf circumference cutoff values for sarcopenia and ESPEN-defined malnutrition in hospitalized older adults
  • 2017/02 - 日本静脈経腸栄養学会 フェローシップ賞 サルコペニアの摂食嚥下障害画像所見 -サルコペニア高齢者では骨格筋量と嚥下造影検査所見に関連がある-
全件表示
所属学会 (14件):
日本在宅医学会 ,  日本外科学会 ,  日本消化器内視鏡学会 ,  日本消化器病学会 ,  日本緩和医療学会 ,  日本プライマリ・ケア連合学会 ,  日本摂食嚥下リハビリテーション学会 ,  日本老年医学会 ,  日本サルコペニア・フレイル学会 ,  日本病態栄養学会 ,  日本臨床栄養代謝学会 ,  日本リハビリテーション栄養学会 ,  日本老年歯科学会 ,  日本内科学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る