研究者
J-GLOBAL ID:201701017056796127   更新日: 2021年05月20日

中山 一郎

ナカヤマ イチロウ | Nakayama Ichiro
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 新領域法学
論文 (60件):
  • 中山一郎. COVID-19パンデミックにおける公衆衛生と特許. 知財管理. 2021. 71. 4. 566-585
  • 中山一郎. 侵害プレミアムを考慮した相当実施料額をどのように算定するか. 知的財産研究教育財団「知的財産に関する日中共同研究報告書」. 2021. 110-126
  • 中山一郎. COVID-19パンデミックと特許 強制か,それとも自発か. 国際問題. 2021. 699. 28-41
  • Ichiro Nakayama. Patentability and PHOSITA in the AI Era - A Japanese Perspective. Jyh-An Lee, Reto Hilty & Kung-Chung Liu ed., Artificial Intelligence and Intellectual Property. 2021. 99-119
  • 中山一郎. 人間の精神活動,人為的取決めと発明. 特許研究. 2020. 70. 6-24
もっと見る
MISC (28件):
  • 中山一郎. 特許を使ったイノベーション戦略. 前田健=金子敏哉=青木大也『図録知的財産法』. 2021. 80-83
  • 中山一郎. 政策・産業界の動き. 高林龍=三村量一=上野達弘編『年報知的財産法2020-2021』. 2020. 182-201
  • 中山 一郎. 政策・産業界の動き. 高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2019-2020』. 2019. 150-166
  • 中山 一郎. 政策・産業界の動き. 高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2018-2019』. 2018. 142-159
  • 政策・産業界の動き. 高林龍=三村量一=上野達弘『年報知的財産法2017-2018』. 2017. 148-165
もっと見る
書籍 (1件):
  • 『改正特許法・実用新案法解説』
    有斐閣 1993
講演・口頭発表等 (1件):
  • 特許ライセンスの効力と競争法の規制の考察:第4回グルーバル特許権行使戦略セミナー報告
    (パテント69巻11号 2016)
学歴 (3件):
  • 1995 - 1996 Columbia University
  • 1994 - 1995 University of Washington
  • 1985 - 1989 東京大学 第2類
学位 (2件):
  • 法学修士 (ワシントン大学)
  • 国際関係学修士 (コロンビア大学)
経歴 (4件):
  • 2019/04 - 現在 北海道大学 大学院法学研究科 教授
  • 2009/04 - 2019/03 國學院大學 法科大学院(2018年4月~法学部) 教授
  • 2005/04 - 2009/03 信州大学 大学院法曹法務研究科 助教授(准教授)
  • 1989/04 - 2005/03 通商産業省(現経済産業省)
委員歴 (1件):
  • 2017/06 - 2019/10 司法試験考査委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る