研究者
J-GLOBAL ID:201701017322921404   更新日: 2020年08月25日

渡部 成宣

ワタナベ シゲノブ | Watanabe Shigenobu
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.yokohama-cu.ac.jp/urahp/section/radiation/
研究分野 (1件): 放射線科学
研究キーワード (3件): 放射線治療 ,  食道癌 ,  頭頚部癌
論文 (8件):
  • Ichiro Ogino, Shigenobu Watanabe, Toshihiro Misumi, Masaharu Hata, Chikara Kunisaki. Lymph Node Metastases Diagnosed by 18F-FDG-PET/CT in Esophageal Squamous Cell Cancer Treated With Concurrent Chemoradiotherapy. Anticancer research. 2019. 39. 9. 4977-4985
  • Watanabe S, Ogino I, Kunisaki C, Hata M. Relationship between nutritional status and esophageal fistula formation after radiotherapy for esophageal cancer. Cancer Radiothérapie : an official journal of the Société Française de Radiothérapie Oncologique. 2019. 23. 3. 222-227
  • Ogino I, Kitagawa M, Watanabe S, Yoshida H, Hata M. Calcium Phosphate Cement Paste Injection as a Fiducial Marker of Cervical Cancer. In vivo (Athens, Greece). 2018. 32. 6. 1609-1615
  • Ogino I, Watanabe S, Hirasawa K, Misumi T, Hata M, Kunisaki C. The Importance of Concurrent Chemotherapy for T1 Esophageal Cancer: Role of FDG-PET/CT for Local Control. In vivo (Athens, Greece). 2018. 32. 5. 1269-1274
  • Ogino I, Watanabe S, Sakamaki K, Ogino Y, Kunisaki C, Kimura K. Dosimetric predictors of radiation-induced pericardial effusion in esophageal cancer. Strahlentherapie und Onkologie : Organ der Deutschen Rontgengesellschaft ... [et al]. 2017. 193. 7. 552-560
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • 放射線治療T1食道癌の化学療法同時併用とFDG-PETの腫瘍制御に対する役割
    (日本放射線腫瘍学会第31回学術集会 2018)
  • 食道癌に対する多門照射におけるセットアップエラーによる線量変化の検討
    (日本放射線腫瘍学会第31回学術集会 2018)
  • 食道癌放射線治療後に発生する有害事象のリスク因子の検討
    (日本放射線腫瘍学会第30回学術総会 2017)
  • 食道根治照射における放射線性肺障害
    (日本放射線腫瘍学会第28回学術総会 2015)
  • 食道癌における放射線性心臓障害
    (2015)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(医学) (横浜市立大学)
経歴 (1件):
  • 横浜市立大学 附属病院 放射線科 助教
所属学会 (2件):
日本放射線腫瘍学会 ,  日本医学放射線学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る