研究者
J-GLOBAL ID:201701017968979346   更新日: 2020年07月25日

中井 愛子

ナカイ アイコ | Nakai Aiko
所属機関・部署:
職名: 准教授
ホームページURL (1件): https://research-soran17.osaka-cu.ac.jp/html/100001622_ja.html#item_kihon
研究分野 (3件): 基礎法学 ,  国際法学 ,  国際関係論
研究キーワード (7件): 国際政治学 ,  地域国際法 ,  国際裁判 ,  法理論 ,  国際法史 ,  国際経済法 ,  国際法
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2018 - 2021 中米統合機構における超国家的な地域共同体法の国内適用の比較研究
  • 2014 - 2017 地域国際法としてのラテンアメリカ国際法の現代的意義に関する理論的・実証的研究
論文 (14件):
  • 中井 愛子. 外交的庇護をめぐる法的争点と展望. 国際法外交雑誌. 2018. 117. 2. 164-193
  • 中井 愛子. ラテンアメリカ国際法の理論と実践. 東京大学 法学政治学研究科 博士学位請求論文. 2017. 1-596
  • 中井 愛子. 主権国家体系と国際規範をめぐる地域的構想-19世紀ラテンアメリカの法的地域主義. 国際政治. 2017. 189. 65-80
  • 中井 愛子. 書評:Corten, O., Le discours du droit international public. 国家学会雑誌. 2013. 126. 1-2. 189-126
  • 中井 愛子. 19世紀の『人道のための干渉の理論』の再検討. 国際法研究. 2013. 1. 51-83
もっと見る
書籍 (4件):
  • Perspectivas multidisciplinarias sobre la Argentina contemporánea
    Editorial de Universidad Nacional de Córdoba, Universidad Nacional de Río Negro, Universidad Nacional de Mar del Plata, Argentina. 2019 ISBN:9789874960207
  • ジグムント・バウマン著 グローバリゼーション-人間への影響
    法政大学出版局 2010
  • グローバル・ガバナンスの理論と政策
    中央大学出版部 2004
  • ギョーム・ダンドロー著 NGOと人道支援活動
    白水社 2002
講演・口頭発表等 (7件):
  • 西対東と西対西:米州国際法の形成による地域国際法概念の受容と欧州国際法の相対化
    (中央大学国際関係法研究会 2018)
  • Bridging the Perception Gap between Investing States and Host States:Rethinking Calvo, Drago, and Other Latin American Doctrines
    (Conferencia Bienal de la Sociedad Latinoamericana de Derecho Interacional, Universidad Torcuato Di Tella, Buenos Aires, Argentina 2018)
  • Latin American International Law as the First Regional International Law: The First Step of Irreversible Relativisation of European International Law
    (The 2018 Conference of European Society of International Law, IG History of International Law, University of Manchester, UK 2018)
  • La contribution de l’Argentine à l'évolution du droit international : le passé et l'avenir
    (Multidisciplinary Perspectives on Contemporary Argentina, Ottawa University, Canada 2018)
  • To Seek the Basis of Regional International Law: The Conceptions of American International Law by 19th Century’s Latin American Thinkers
    (Latin America and International Law, University of Hamburg, Germany 2018)
もっと見る
学歴 (9件):
  • 2010 - 2014 東京大学 総合法政専攻 実定法コース
  • 2007 - 2010 東京大学
  • 2000 - 2007 中央大学 政治学専攻
  • 2004 - 2006 ブリュッセル自由大学 (ベルギー王国仏語圏政府奨学金による)
  • 2003 - 2004 パリ第I大学 政治学専攻(日本国文科省・フランス外務省 日仏共同博士課程奨学金による)
全件表示
学位 (4件):
  • 博士(法学) (東京大学, 2017年)
  • 法務博士 (東京大学)
  • DES en Politique Europeenne (Universite Libre de Bruxelles)
  • 修士(政治学) (中央大学)
経歴 (4件):
  • 2020/04 - 現在 大阪市立大学 法学研究科・法学部 准教授
  • 2017/10 - 2020/03 京都大学 白眉センター・法学研究科 特定助教
  • 2017/04 - 2017/09 外務省 経済局国際経済紛争処理室 国際経済紛争解決調査員
  • 2014/04 - 2017/09 日本学術振興会 特別研究員(PD)
受賞 (3件):
  • 2017/03 - 東京大学法学政治学研究科 優秀賞
  • 2010/03 - 東京大学法科大学院 成績優秀賞
  • 2006/11 - ブリュッセル自由大学 欧州学研究所 Mention Distinction
所属学会 (8件):
ラテン・アメリカ政経学会 ,  日本ラテンアメリカ学会 ,  国際法協会日本支部 ,  日本比較法学会 ,  日本国際経済法学会 ,  日本国際政治学会 ,  European Society of International Law ,  国際法学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る