研究者
J-GLOBAL ID:201701018092034442   更新日: 2020年10月23日

渡辺 崇広

ワタナベ タカヒロ | Watanabe Takahiro
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 外科系歯学 ,  ウイルス学
研究キーワード (3件): 口腔外科学 ,  ウイルス学 ,  腫瘍ウイルス学
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2019 - 現在 網羅的プロテオーム解析で解くEBウイルス発癌の分子機構
  • 2019 - 現在 遺伝子変異型EBVの造腫瘍性において果たす意義を解明する
  • 2018 - 現在 ヒト化マウスモデルを用いたEBV関連リンパ増殖症の病態解析と新たな標的治療の評価
  • 2018 - 2019 ヒト化マウスモデルを用いた EBV 関連リンパ増殖症に対する新たな標的治療の評価
  • 2016 - 2018 遺伝子改変EBウイルスとヒト化マウスを用いたリンパ増殖性疾患の発症病理の解析
全件表示
論文 (33件):
  • Watanabe T, Sato Y, Masud HMAA, Takayama M, Matsuda H, Hara Y, Yanagi Y, Yoshida M, Goshima F, Murata T, et al. Antitumor activity of cyclin-dependent kinase inhibitor alsterpaullone in Epstein-Barr virus-associated lymphoproliferative disorders. Cancer science. 2020. 111. 1. 279-287
  • Murata T, Okuno Y, Sato Y, Watanabe T, Kimura H. Oncogenesis of CAEBV revealed: Intragenic deletions in the viral genome and leaky expression of lytic genes. Reviews in medical virology. 2019. e2095
  • Masud HMAA, Yanagi Y, Watanabe T, Sato Y, Kimura H, Murata T. Epstein-Barr Virus BBRF2 Is Required for Maximum Infectivity. Microorganisms. 2019. 7. 12
  • Esaki S, Goshima F, Ozaki H, Takano G, Hatano Y, Kawakita D, Ijichi K, Watanabe T, Sato Y, Murata T, et al. Oncolytic activity of HF10 in head and neck squamous cell carcinomas. Cancer gene therapy. 2019
  • Al Masud, H. M. Abdullah, Watanabe Takahiro, Sato Yoshitaka, Goshima Fumi, Kimura Hiroshi, Murata Takayuki. The BOLF1 gene is necessary for effective Epstein-Barr viral infectivity. VIROLOGY. 2019. 531. 114-125
もっと見る
特許 (1件):
  • Cyclin dependent kinase(CDK)阻害剤によるEpstein-Barrウイルスのウイルス産生抑制
学歴 (1件):
  • - 2016 名古屋大学 ウイルス学
学位 (1件):
  • 博士(医学) (名古屋大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 名古屋大学 大学院医学系研究科微生物免疫学講座ウイルス学 助教
  • 2017/01 - 現在 愛知学院大学 歯学部微生物学講座 客員助教
  • 2013/04 - 現在 藤田医科大学 医学部歯科口腔外科 客員助手
  • 2017/10 - 2020/03 名古屋大学 大学院医学系研究科 附属医学教育研究支援センター 先端領域支援部門 助教
  • 2016/04 - 2017/09 名古屋大学 大学院医学系研究科微生物免疫学講座ウイルス学 博士研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2017/10 - 第62回日本口腔外科学会総会学術大会 優秀ポスター発表賞
所属学会 (5件):
日本癌学会 ,  日本臨床ウイルス学会 ,  日本有病者歯科医療学会 ,  日本口腔外科学会 ,  日本ウイルス学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る