研究者
J-GLOBAL ID:201701018152601155   更新日: 2021年07月09日

二村 まどか

フタムラ マドカ | Futamura Madoka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 国際関係論
論文 (11件):
  • 二村 まどか. 書評 下谷内奈緒著『国際刑事裁判の政治学 : 平和と正義をめぐるディレンマ』. 国際安全保障. 2020. 47. 4. 36-40
  • Chiyuki Aoi, Madoka Futamura, Alessio Patalano. ’Hybrid Warfare in Asia - Its Meaning and Shape’. Pacific Review. 2018. 31. 6
  • 二村まどか. 「移行期正義研究史の一考察--平和と正義の関係を軸に--」. 『国際法外交雑誌』. 2016. 114. 4
  • 二村まどか. 「国際刑事裁判をめぐる『国際正義』と『現地(の)正義』」. 『平和研究』. 2013. 41. 57-72
  • Madoka Futamura. The Politics of the Death Penalty in Countries in Transition. UNU Policy Brief, No.9. 2013
もっと見る
MISC (5件):
  • 二村まどか. 書評「ジョセフ・セバレンジ、ラウラ・アン・ムラネ(著)『ルワンダ・ジェノサイド 生存者の証言--憎しみから赦しと和解へ』」. 『国連研究』. 2016. 17
  • Madoka Futamura. ’Michael N. Barnett, The International Humanitarian Order’. Japanese Journal of Political Science. 2013. 14. 2. 277-279
  • Madoka Futamura, Edward Newman. ’Workshop Report: Towards a Human Security Approach to Peacebuilding’. Journal of Peacebuilding and Development. 2010. 5. 2
  • 二村 まどか. 「書評 スレブレニツァ・ジェノサイドとジェノサイド研究--長有紀枝『スレブレニツァ--あるジェノサイドをめぐる考察』」. 『平和研究』. 2010. 35. 167-171
  • 二村 まどか. 「SSRと移行期の正義 (平和構築と治安部門改革(SSR)--開発と安全保障の視点から) -- (SSRの諸活動)」. IPSHU研究報告シリ-ズ. 2010. 45. 113-115
書籍 (11件):
  • Rachel Kerr, Henry Redwood and James Gow (eds.) Reconciliation After War: Historical Perspectives on Transitional Justice
    Routledge 2021 ISBN:9780367346553
  • 日本平和学会編『戦争と平和を考えるNHKドキュメンタリー』
    法律文化社 2020
  • Madoka Futamura and Nadia Bernaz (eds) The Politics of the Death Penalty in Countries in Transition
    Routledge 2014
  • James Gow, Rachel Kerr, and Zoran Pajic (eds.) Prosecuting War Crimes: Lessons and Legacies of the International Criminal Tribunal for the Former Yugoslavia
    Routledge 2013
  • Madoka Futamura, ‘The Crime of Aggression and Japan’ in Brendan Howe and Boris Kondoch (eds.) The Legality and Legitimacy of the Use of Force in Northeast Asia
    Brill 2013
もっと見る
講演・口頭発表等 (30件):
  • ‘The Genealogy of Lawfare’
    (War Crimes Research Group Meeting, King’s College London 2021)
  • 'Reconciliation as an ongoing political project: The case of Japan'
    (International Peace and Security Seminar, King's College London 2021)
  • 「紛争の政治解決における和解の多義性:アフガニスタンを事例に」
    (2018年度国際安全保障学会研究大会 2018)
  • ‘Irreconcilable Strategic Aims of Reconciliation: Japan and Reconciliation After War’
    (Symposium: Art and Reconciliation, King’s College London 2018)
  • 「戦争の記憶と国際刑事裁判:東京裁判が残したもの」
    (日本平和学会2015年度春季研究大会 2015)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 同志社大学
  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(LSE)
  • ロンドン大学キングスカレッジ
  • ロンドン大学キングスカレッジ
学位 (2件):
  • PhD in War Studies (University of London)
  • PhD in War Studies (University of London)
経歴 (6件):
  • 2020/09/01 - ロンドン大学キングスカレッジ 戦争学研究科 客員上級研究員
  • 2019/04/01 - 法政大学 社会学部 教授
  • 2014/10/01 - 2019/03/31 法政大学 社会学部 准教授
  • 2014/10/01 - 2019/03/31 法政大学 社会学部 准教授
  • 2008/04/01 - 2018/03/31 青山学院大学 非常勤講師
全件表示
所属学会 (5件):
国際法学会 ,  日本国際政治学会 ,  日本国際連合学会 ,  日本平和学会 ,  国際安全保障学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る