研究者
J-GLOBAL ID:201701018152601155   更新日: 2024年02月14日

二村 まどか

フタムラ マドカ | FUTAMURA Madoka
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 国際関係論
論文 (14件):
  • 二村まどか. 「和解のプロセスと戦略的目的-和平交渉、平和構築、修復的正義の文脈より」. 『社会志林』. 2023. 70. 2
  • Madoka Futamura. ‘Talking about War Crimes: War Crimes Discourse and Strategy’. Defence Strategic Communications. 2023. Vol. 12. 135-164
  • 二村まどか. 「出口戦略における戦犯訴追-戦争から平和への移行期政策」. 『国際安全保障』. 2023. 50. 1
  • 二村 まどか. 書評 下谷内奈緒著『国際刑事裁判の政治学 : 平和と正義をめぐるディレンマ』. 国際安全保障. 2020. 47. 4. 36-40
  • Chiyuki Aoi, Madoka Futamura & Alessio Patalano. ’Hybrid Warfare in Asia - Its Meaning and Shape’. Pacific Review. 2018. 31. 6
もっと見る
MISC (5件):
  • 二村まどか. 書評「ジョセフ・セバレンジ、ラウラ・アン・ムラネ(著)『ルワンダ・ジェノサイド 生存者の証言--憎しみから赦しと和解へ』」. 『国連研究』. 2016. 17
  • Madoka Futamura. ’Michael N. Barnett, The International Humanitarian Order’. Japanese Journal of Political Science. 2013. 14. 2. 277-279
  • Madoka Futamura and Edward Newman. ’Workshop Report: Towards a Human Security Approach to Peacebuilding’. Journal of Peacebuilding and Development. 2010. 5. 2
  • 二村 まどか. 「書評 スレブレニツァ・ジェノサイドとジェノサイド研究--長有紀枝『スレブレニツァ--あるジェノサイドをめぐる考察』」. 『平和研究』. 2010. 35. 167-171
  • 二村 まどか. 「SSRと移行期の正義 (平和構築と治安部門改革(SSR)--開発と安全保障の視点から) -- (SSRの諸活動)」. IPSHU研究報告シリ-ズ. 2010. 45. 113-115
書籍 (13件):
  • 日本平和学会編『平和学事典』
    丸善出版 2023
  • 村田 晃嗣編著『外交と戦略』
    彩流社 2023
  • Rachel Kerr, Henry Redwood and James Gow (eds.) Reconciliation After War: Historical Perspectives on Transitional Justice
    Routledge 2021 ISBN:9780367346553
  • 日本平和学会編『戦争と平和を考えるNHKドキュメンタリー』
    法律文化社 2020
  • Madoka Futamura and Nadia Bernaz (eds) The Politics of the Death Penalty in Countries in Transition
    Routledge 2014
もっと見る
講演・口頭発表等 (32件):
  • ‘Conflict Resolution, Peacebuilding and Strategic Purposes of Reconciliation’
    (War Crimes Research Group Meeting, King’s College London 2022)
  • 「紛争解決・平和構築における和解の戦略的目的」
    (日本国際政治学会2021年度研究大会平和研究分科会 2021)
  • ‘The Genealogy of Lawfare’
    (War Crimes Research Group Meeting, King’s College London 2021)
  • 'Reconciliation as an ongoing political project: The case of Japan'
    (International Peace and Security Seminar, King's College London 2021)
  • 「紛争の政治解決における和解の多義性:アフガニスタンを事例に」
    (2018年度国際安全保障学会研究大会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 同志社大学 法学部
  • ロンドン・スクール・オブ・エコノミクス・アンド・ポリティカル・サイエンス(LSE) 国際関係学科
  • ロンドン大学キングスカレッジ 戦争学研究科
学位 (1件):
  • PhD in War Studies (University of London)
経歴 (6件):
  • 2020/09 - 現在 ロンドン大学キングスカレッジ 戦争学研究科 客員上級研究員
  • 2019/04 - 現在 法政大学 社会学部 教授
  • 2014/10/01 - 2019/03/31 法政大学 社会学部 准教授
  • 2014/10 - 2019/03 法政大学 社会学部 准教授
  • 2008/04 - 2018/03 青山学院大学 非常勤講師
全件表示
所属学会 (5件):
国際法学会 ,  日本国際政治学会 ,  日本国際連合学会 ,  日本平和学会 ,  国際安全保障学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る