研究者
J-GLOBAL ID:201701018170611958   更新日: 2020年09月01日

鈴木 誠

Suzuki Makoto
所属機関・部署:
ホームページURL (1件): https://scholar.google.co.jp/citations?hl=ja&user=hOIUjSAAAAAJ
研究分野 (1件): リハビリテーション科学
研究キーワード (4件): リハビリテーション科学 ,  臨床神経生理学 ,  行動分析学 ,  作業療法学
競争的資金等の研究課題 (21件):
  • 2019 - 2023 静磁場暴露による低周波脳律動の誘導と関連領野との相互結合性の変化
  • 2018 - 2022 滑らかな行動を獲得する新しい介入戦略: 神経活動の同期化と行動学習.
  • 2019 - 2021 消化管知覚過敏を軽減させるニューラルフィードバック練習装置の開発
  • 2019 - 2021 手指に痛みない美容師の鋏の使い方を学習して手指の障害を予防する鋏練習装置の開発
  • 2018 - 2020 相反性抑制機能を向上する新しい介入:電磁気刺激とフィードバックの統合効果
全件表示
論文 (88件):
  • Koike Y, Suzuki M, Okino A, Takeda K, Takanami Y, Hamaguchi T. Distinction of students and expert therapists based on therapeutic motions on a robotic device using support vector machine. J Med Biol Eng. 2020. in press
  • Takahashi R, Sano K, Kimura K, Ishioka T, Suzuki M, Nakaya N, Ozeki S, Hamaguchi T. Reproducibility and reliability of performance indicators to evaluate the therapeutic effectiveness of biofeedback therapy after elbow surgery: an observational case series. Medicine. 2020. in press
  • Oyake k, Suzuki M, Otaka Y, Momose K, Tanaka S. Motivational Strategies for Stroke Rehabilitation: A Delphi Study. Arch Phy Med Rehabil. 2020. in press
  • Toyohiro Hamaguchi, Jun Tayama, Makoto Suzuki, Naoki Nakaya, Hirokazu Takizawa, Kohei Koizumi, Yoshifumi Amano, Motoyori Kanazawa, Shin Fukudo. The effects of locomotor activity on gastrointestinal symptoms of irritable bowel syndrome among younger people: An observational study. PloS one. 2020. 15. 5. e0234089
  • Oyake K, Suzuki M, Otaka Y, Tanaka S. Motivational Strategies for Stroke Rehabilitation: A Descriptive Cross-Sectional Study. Frontiers in Neurology. 2020. 11. 553
もっと見る
MISC (18件):
  • 斎藤 剛史, 吉村 翔, 細沼 栞, 鈴木 誠, 濱口 豊太. 人工知能による手指運動麻痺の重症度判別. 日本作業療法学会抄録集. 2019. 53回. OA-1
  • 齋藤 佑樹, 小池 祐士, 鈴木 誠, 濱口 豊太. 健常者を対象とした双腕ロボットによる用手運動療法の再現性. 日本作業療法研究学会雑誌. 2018. 21. 2. 42-43
  • 鈴木誠, 鈴木貴子, 田中悟志, 菅原和広, 濱口豊太. 運動準備中の皮質脊髄興奮性に反復運動が及ぼす影響. 日本臨床神経生理学会学術大会. 2018. 東京
  • 鈴木誠. 病態・身体失認. 脳の看護実践. 2018. 4. 2. 35-36
  • 高橋里奈, 高橋里奈, 佐野和史, 木村和正, 大関覚, 秋山洋輔, 石岡俊之, 鈴木誠, 原元彦, 濱口豊太. 筋電図バイオフィードバック療法による肘周辺術後患者の筋出力自己調節能を示す指標の開発. 臨床神経生理学. 2017. 45. 5. 470
もっと見る
書籍 (24件):
  • 標準作業療法学 専門分野 作業療法臨床実習とケーススタディ
    医学書院 2020
  • 運動学とバイオメカニクスの基礎
    南江堂 2019 ISBN:9784524246922
  • Evidence Based で考える 認知症リハビリテーション
    医学書院 2019 ISBN:9784260039239
  • 脳卒中の教科書: やさしく理解できるリハビリテーション
    ヒューマン・プレス 2019 ISBN:9784908933233
  • OT評価ポケット手帳
    ヒューマン・プレス 2019 ISBN:9784908933219
もっと見る
講演・口頭発表等 (16件):
  • リハビリテーション臨床における状態予測.
    (日本行動分析学会第38回年次大会シンポジウム. 2020)
  • 磁気刺激と応用行動.
    (第24回日本基礎理学療法学会学術大会ランチョンセミナー 2019)
  • 作業を捉えるマルチストラータ研究の最先端.
    (第53回日本作業療法学会シンポジウム 2019)
  • 行動科学とリハビリテーション医学.
    (第56回日本リハビリテーション医学会学術集会専門職特別講演 2019)
  • 行動学習を促す多角的視点.
    (作業療法神経科学研究会第5回学術集会 特別講演 2019)
もっと見る
学位 (1件):
  • 博士(リハビリテーション療法学) (名古屋大学)
委員歴 (4件):
  • 2015/05 - 現在 日本作業療法士協会 Asian Journal of Occupational Therapy 査読委員
  • 2014/11 - 現在 日本作業療法研究学会 理事
  • 2012/04 - 現在 日本作業療法士協会 学術誌作業療法 査読委員
  • 2014/12 - 2016/11 文部科学省 科学研究費委員会 専門委員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る