研究者
J-GLOBAL ID:201701018586814653   更新日: 2021年03月16日

渡邊 裕也

ワタナベ ユウヤ | Watanabe Yuya
所属機関・部署:
職名: 助教(有期)
研究分野 (3件): 生理学 ,  スポーツ科学 ,  栄養学、健康科学
競争的資金等の研究課題 (12件):
  • 2018 - 2021 身体的、心理・精神的、社会的側面を包括するフレイル介入プログラムの開発・検証
  • 2018 - 2020 幅広い年代と体力レベルに実施可能な、走っても歩いてもよい簡便な持久性テストの開発
  • 2018 - 2020 筋の質的指標である筋輝度の応用可能性の検討(妥当性強化と現場での活用に向けて)
  • 2018 - 2019 運動器機能低下の予防・改善を目的とした実践的運動療法の開発-筋発揮張力維持スロー法を応用したリハビリテーションプログラム-
  • 2018 - 2019 運動・栄養介入による高齢者の虚弱予防に関する長期的な介護費削減効果の検証とガイドライン策定のための研究
全件表示
論文 (63件):
  • 満石寿, 青木好子, 渡邊裕也, 山田陽介. 幼児の実行機能と体力との関係-幼稚園年長児クラスを対象として-. 学校メンタルヘルス. 2021. 23. 2. 222-233
  • 権野めぐみ, 来田宣幸, 野村照夫, 松井知之, 東善一, 平本真知子, 橋本留緒, 幸田仁志, 渡邊裕也, 甲斐義浩, et al. 体幹後屈角度と体幹・下肢障害および全身の各関節可動域の関係:ジュニアアスリートを対象として. 京都滋賀体育学研究. 2020. 36. 20-28
  • 渡邊裕也, 来田宣幸, 谷本道哉, 石井直方. 高齢者における自体重レジスタンスエクササイズ実施時の筋活動動態および乳酸応答:筋発揮張力維持スロー法と通常法の比較. 体力・栄養・免疫学雑誌. 2020. 30. 1. 36-45
  • Daiki Watanabe, Tsukasa Yoshida, Yuya Watanabe, Yosuke Yamada, Misaka Kimura, Kyoto-Kameoka Study Group. Objectively Measured Daily Step Counts and Prevalence of Frailty in 3,616 Older Adults. J Am Geriatr Soc. 2020. 68. 10. 2310-2318
  • 渡邊 裕也, 山縣 恵美, 木村 みさか. 自立高齢者と要支援・要介護認定高齢者における下肢骨格筋の量,質,運動機能の比較. 応用老年学. 2020. 14. 1. 58-68
もっと見る
MISC (6件):
書籍 (4件):
  • アスリートのための筋力トレーニングバイブル : 使える筋肉・使えない筋肉 : オールカラー
    ナツメ社 2018 ISBN:9784816365515
  • フレイルのみかた
    中外医学社 2018 ISBN:9784498059160
  • もっとなっとく使えるスポーツサイエンス
    講談社 2017 ISBN:9784062806640
  • 身体活動・座位行動の科学 : 疫学・分子生物学から探る健康
    杏林書院 2016 ISBN:9784764411760
講演・口頭発表等 (63件):
  • トレーニングとサルコペニア・フレイル(シンポジウム)
    (第5回日本サルコペニア・フレイル学会大会 2018)
  • 地域在住高齢者を対象とした複合型介護予防プログラム(亀岡Study)(シンポジウム)
    (地域在住高齢者を対象とした複合型介護予防プログラム(亀岡Study) 2018)
  • 地域在住高齢者に対するフレイル対策 (特集 高齢者のフレイル(虚弱)と生活機能低下)
    (地域リハビリテーション 2018)
  • 汎用性の高いレジスタンストレーニング(シンポジウム)
    (第4回京都リハビリテーション医学研究会学術集会 2018)
  • 女子野球選手のバットスイング速度に関連する体力要素の検討
    (体力・栄養・免疫学雑誌 2017)
もっと見る
学歴 (6件):
  • - 2012 東京大学 広域科学専攻
  • - 2012 東京大学
  • - 2009 東京大学 広域科学専攻
  • - 2009 東京大学
  • - 2003 高千穂大学 商学科
全件表示
学位 (2件):
  • 博士(学術) (東京大学)
  • 修士(学術) (東京大学)
所属学会 (5件):
日本サルコペニア・フレイル学会 ,  日本公衆衛生学会 ,  日本老年医学会 ,  日本臨床スポーツ医学会 ,  日本体力医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る