研究者
J-GLOBAL ID:201701018669522964   更新日: 2020年09月01日

宮庄 拓

ミヤショウ タク | Miyasho Taku
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 獣医学
研究キーワード (5件): 生体反応 ,  生体応答 ,  生化学 ,  敗血症 ,  栄養
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2015 - 2018 ブタ敗血症モデルの構築と多角的検討
  • 2016 - 2017 ウッドチップ及び木材香気成分を用いた乳牛のストレス軽減と免疫能亢進
  • 2016 - 2017 と畜場における豚の肺膿瘍に関する分子疫学調査
  • 2013 - 2014 大気中エンドトキシン濃度測定法の開発と学内飼育環境の実態把握
  • 2008 - 2013 スクレーピー発症に伴うマウス脳内蛋白質の変化
論文 (96件):
  • Kirat D, Miyasho T, Amin T, Moustafa A, Hamada M. FNDC5 Gene Expression in the Smooth Muscles of Dromedary Camels (Camelus dromedarius). Int J Vet Sci. 2020. 9. 1. 121-125
  • Maeda Y, Takeuchi H, Matsuda S, Okamura A, Fukuda K, Miyasho T, Nakamura R, Suda K, Wada N, Kawakubo H, et al. Clinical significance of preoperative serum concentrations of interleukin-6 as a prognostic marker in patients with esophageal cancer. Esophagus : official journal of the Japan Esophageal Society. 2019
  • Maeda N, Okumura K, Yamaguchi K, Haeno S, Yasui Y, Kimura N, Ieko T, Miyasho T, Yokota H. Rapid prolactin induction in adult male rats after treatment with diethylstilbestrol. J Neuroendocrinol. 2019. e12769
  • Soichiro Ueda, Koichi Fukunaga, Takahisa Takihara, Yoshiki Shiraishi, Tsuyoshi Oguma, Tetsuya Shiomi, Yusuke Suzuki, Makoto Ishii, Koichi Sayama, Shizuko Kagawa, et al. Deficiency of CRTH2, a Prostaglandin D2 Receptor, Aggravates Bleomycin-induced Pulmonary Inflammation and Fibrosis. American journal of respiratory cell and molecular biology. 2019. 60. 3. 289-298
  • 内田 玲麻, 中山 大輔, 黒澤 拓也, Nhat T. Tra, 村田 亮, 宮庄 拓, 山 奈津子, 村松 康和. MALDI Biotyperを用いた豚の肺膿瘍における網羅的細菌解析. 酪農学園大学紀要. 2019. 43. 2. 85-96
もっと見る
MISC (53件):
もっと見る
特許 (2件):
講演・口頭発表等 (291件):
  • Evaluarion Of Non-Invaisve Cardiac Output Measurement In Mechanically Ventilated Dogs: Comparison Between Transpulmonary Thermodilution, Transhoracic AND Transesophageal Doppler Echocardography.
    (International Veterinary Emergency and Critical Care Symposium (IVECCS) 2019 2019)
  • 牛皮膚糸状菌症に対するアカエゾマツ抽出精油の効果的な投与方法の検討
    (令和元年度獣医学術北海道地区学会・日本産業動物獣医学会 2019)
  • 低酸素および高酸素下における尻尾で測定した経皮的酸素飽和度(SpO2)の正確性:実験的研究
    (第98回日本獣医麻酔外科学会・2019年春季合同学会 2019)
  • 体外循環施行についての講義と技術指導
    (第12回新生児血液浄化セミナー 2019)
  • 劇症型A群溶血性連鎖球菌感染症に対し血液浄化療法を含む集中治療をおこなった1例
    (第29回日本急性血液浄化学会学術集会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 1998 - 2011 酪農学園大学 研究生
  • 1992 - 1998 酪農学園大学 獣医学科
学位 (1件):
  • 獣医学博士 (酪農学園大学)
経歴 (5件):
  • 2011/10 - 現在 藤田保健衛生大学 医学部 客員講師
  • 2011/10 - 現在 酪農学園大学 獣医学群 獣医保健看護学類 動物生体反応研究室 講師
  • 2011/05 - 現在 佐賀大学 医学部 客員研究員
  • 2003/10 - 2011/09 酪農学園大学 契約職員
  • 2000/04 - 2003/03 (財)海洋生物環境研究所 契約研究員
受賞 (5件):
  • 2015/10 - 第26回日本急性血液浄化学会学術集会 Best Presentation Award ブタ敗血症modelを用いたPMMA膜とAN69ST膜のCytokine除去比較
  • 2013/11 - 平成25年度北海道小動物獣医師会年次大会 平成25年日本小動物獣医学会 北海道地区学会 奨励賞 犬の Big Endothelin-1 の血管肉腫腫瘍マーカーとしての特異性
  • 2012/09 - 獣医学術北海道地区学会・北海道獣医師大会 平成24年日本小動物獣医学会 北海道地区学会長賞 犬の緑内障症例についての眼房水の蛋白質解析および免疫組織化学的検討
  • 2012/09 - 平成24年度獣医学術北海道地区学会・北海道獣医師大会 平成24年日本小動物獣医学会 北海道地区学会長賞 犬血管肉腫の診断における末梢血中のBig endothelin-1 (Big ET-1)の有用性
  • 1998/07 - 第8回国際獣医臨床生化学会大会 The Best Poster Presentation FULL-LENGTH SEQUENCE AND ACTIVATION OF CANINE erbB-2 ONCOGENE IN THE MAMMARY TUMOR.
所属学会 (5件):
日本周産期・新生児医学会 ,  環境ホルモン学会 ,  日本水産学会 ,  日本呼吸器内視鏡学会 ,  日本獣医学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る