研究者
J-GLOBAL ID:201701018724710074   更新日: 2021年08月06日

田本 正一

タモト ショウイチ | Tamoto Shoichi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 教科教育学、初等中等教育学
研究キーワード (3件): 学習評価 ,  ディベート ,  社会科教育
競争的資金等の研究課題 (6件):
  • 2021 - 2024 小中連携による主権者教育カリキュラムの開発・実践
  • 2020 - 2021 コロナ禍による生活の変化と「時間」のあり方につ いて
  • 2018 - 2021 教科連携を前提とした住教育教材の開発と授業実践
  • 2017 - 2021 主権者育成を視点とした学校改革の推進-中高一貫カリキュラムの作成を通して-
  • 2020 - 2021 ポストコロナ時代における美祢地域のインバウンド観光:異文化間コミュニ ケーションを通した美祢観光の考察
全件表示
論文 (21件):
  • 中村 実香子, 田本 正一. 正統的周辺参加論に依拠した学びの可能性 : 中学校社会科授業を事例として. 教育実践総合センター研究紀要. 2021. 51. 87-96
  • 田本 正一. 主体的な学びの実存論的検討-本来的自己への変容としての学び-. 学びの脱中心化-知的冒険としての学校教育研究-. 2021
  • 田本 正一. ノットワーキングを意図した社会科授業の実践-外部連携による相互的な学習を目指して-. 教育目標・評価学会紀要. 2020. 30. 51-60
  • 田本 正一, 才宮 大明, 吉川 幸男, 森 朋也, 美作 健悟, 原田 圭介, 尾串 健一, 中武 裕太, 吉岡 友子, 岩本 正信, et al. 学部・附属学校の協働による社会科教師育成についての実践的研究 : 学部における授業実践を事例として. 教育実践総合センター研究紀要. 2020. 50. 1-10
  • 青木 達也, 田本 正一. 小学校社会科における「学習」の批判的考察 : 正統的周辺参加論に依拠して. 教育実践総合センター研究紀要. 2020. 50. 247-256
もっと見る
MISC (9件):
  • 田本正一. 市民社会への参加としての学びを目指して. 社会科教育. 2020. 734. 120-123
  • 田本 正一. 人口減少社会に対応した社会科学習を求めて-「市民社会への参加」をキーワードとして-. 社会科・地図NEWS LETTER. 2018. 6. 6-7
  • 田本正一. 社会的な思考力・判断力・表現力を問う新テスト. 社会科教育. 2018. 713. 58-59
  • 田本 正一. 明治時代 社会科としての歴史学習 (特集 「歴史的な見方・考え方」を鍛える! 課題追究学習) -- (小学校 「歴史的な見方・考え方」を鍛える! 課題追究授業プラン). 社会科教育. 2017. 54. 7. 50-53
  • 田本 正一. 6年 世界の人々の生活、国際交流・国際協力 正解がない市民的課題への探究 (特集 改訂キーワードでつくる「学習課題」単元別アイデア) -- (小学校単元別 深い学びを実現する学習課題と授業展開アイデア). 社会科教育. 2017. 54. 5. 54-57
もっと見る
書籍 (6件):
  • 学びの脱中心化 : 知的冒険としての学校教育研究
    大学図書出版 2021 ISBN:9784909655462
  • 新版 テキストブック公民教育
    第一学習社 2019
  • 高校生のための主権者教育実践ハンドブック
    明治図書 2017
  • 社会系教科教育研究のアプローチ-授業実践のフロムとフォー-
    学事出版 2010
  • 教室が白熱する“身近な問題の法学習”15選-子どもの疑問と悩みに答える授業-
    明治図書 2009
もっと見る
講演・口頭発表等 (24件):
  • 小学校社会科まちづくり学習におけるMinecraftを用いた授業開発(2) -通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その4)-
    (日本建築学会大会学術講演会 2020)
  • 小学校社会科まちづくり学習におけるMinecraftを用いた授業開発(1)-通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その3)-
    (日本建築学会大会学術講演会 2020)
  • 社会科教育における資質・能力の実存論的検討-AI時代における学びの可能性-
    (社会系教科教育学会第31回全国研究大会 2020)
  • 社会科における深い学びとしての実存的決断ー合理的意思決定の限界-
    (全国社会科教育学会第68回全国大会 2019)
  • 小学校社会科まちづくり学習における政治的活動の場としての公的領域の設計-通常授業での住教育促進に向けた実践研究(その2)-
    (日本建築学会 2019)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 2007 - 2009 佐賀大学 教科教育専攻
  • 1997 - 2001 佐賀大学 教科教育選修
学位 (1件):
  • 博士(学校教育学) (兵庫教育大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04 - 現在 山口大学 教育学部 講師
  • 2003/04 - 2017/03 佐賀県公立小学校
委員歴 (2件):
  • 2021/04 - 現在 山口大学教育学部やまぐち学園 学校運営協議会委員
  • 2018/10 - 現在 全国社会科教育学会 研究倫理等検討専門委員
所属学会 (8件):
教育哲学会 ,  日本教育方法学会 ,  日本カリキュラム学会 ,  教育目標・評価学会 ,  社会系教科教育学会 ,  日本公民教育学会 ,  日本社会科教育学会 ,  全国社会科教育学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る