研究者
J-GLOBAL ID:201701018727368121   更新日: 2020年11月05日

新開 潤一

Shinkai Jun'ichi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (3件): 経済政策 ,  経済政策 ,  金融、ファイナンス
研究キーワード (4件): 生産性 ,  産業構造変化 ,  国際マクロ ,  金融論
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2020 - 2023 企業の市場支配力と投資停滞の実証的解明:デジタル経済における新たな成長戦略
  • 2020 - 2023 日本企業の過少投資と市場支配力:ミクロ的要因とマクロ経済への影響
  • 2016 - 2019 新興国における対外開放成長戦略の検証:輸出高度化と海外直接投資の役割の計量分析
  • 2016 - 2019 産業構造変化から見る長期停滞
論文 (7件):
  • 新開 潤一. 東アジアにおける資本流入と資産価格. 商経学叢. 2018. 65. 1. 111-129
  • 新開 潤一. 金融サイクルと景気循環. 国際学研究. 2017. 6. 3. 115-124
  • 新開 潤一. ASEANにおける共通通貨導入 : 一般化購買力平価理論による検証. 大阪大学経済学. 2016. 66. 1. 10-23
  • 新開 潤一. 金融リンケージと日本の景気循環:FCIによる分析. 金融経済研究. 2012. 34. 28-43
  • 新開 潤一. 景気循環における金融チャネルの役割. 国際公共政策研究. 2011. 16. 1. 85-97
もっと見る
書籍 (2件):
  • 富の共有と公共政策 (シリーズ「グローバリズムと公共政策の責任」)
    大阪大学出版会 2018
  • Lost Decades in Growth Performance
    Palgrave Macmillan 2015
講演・口頭発表等 (16件):
  • Industrial Convergence in East Asia
    (The 15th International Convention of the East Asian Economic Association, Bandung 2016)
  • Financial Cycles in Emerging Asia: An Analysis Using Financial Conditions Index
    (the 14th International Convention of the East Asian Economic Association, Bangkok 2014)
  • Export Sophistication and Economic Growth: A Panel VAR Approach
    (日本経済学会2014年度秋季大会、博多 2014)
  • Productivity Growth and Structural Change: An East Asian Perspective
    (JSPS EU-Japan Joint Workshop, Budapest 2014)
  • The Impact of Capital Inflows on Asset Prices in East Asia
    (日本経済学会2014年度春季大会、京都 2014)
もっと見る
学歴 (2件):
  • 大阪大学大学院
  • 関西大学 経済学科
学位 (1件):
  • 博士(応用経済学) (大阪大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 近畿大学 経営学部 講師
  • 2016/04 - 2017/03 札幌学院大学 経済学部 講師
  • 2014/04 - 2017/03 関西学院大学 国際学部 非常勤講師
  • 2009/06 - 2016/03 大阪大学大学院 国際公共政策研究科 特任研究員
所属学会 (3件):
東アジア経済学会 ,  日本金融学会 ,  日本経済学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る