研究者
J-GLOBAL ID:201701019301170894   更新日: 2019年11月24日

渡辺 隆

ワタナベ タカシ | (Unregistered) (Unregistered)
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 腫瘍生物学
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2017 - 2019 Abscopal 効果の効果的な照射/ワクチン最適注射臓器の探索
  • 2010 - 2013 進行期難治性B細胞リンパ腫に対する治癒を目指した自家末梢血幹細胞移植併用大量化学療法の確立に関する研究
  • 2009 - 2012 再発・難治性骨髄腫に対する至適分子標的療法の確立と栄仏学的治療予測因子の探索
  • 2009 - 2012 多発性骨髄腫の病態解明と分子基盤に基づく効果的な分子標的療法の確立に関する研究
  • 2011 - 2012 リツキシマブ併用悪性リンパ腫治療中のB型肝炎ウイルス再活性化への標準的対策法の確立及びリスク因子の解明に関する研究
全件表示
論文 (34件):
  • Iida S, Watanabe T, Matsumoto M, Suzuki K, Sunami K, Ishida T, Ando K, Chou T, Ozaki S, Taniwaki M, Uike N, Shibayama H, Hatake K, Izutsu K, Ishikawa T, Shumiya Y, Tobinai K. Carfilzomib monotherapy in Japanese patients with relapsed or refractory multiple myeloma: A phase 1/2 study. Cancer Science. 2019. 110. 9. 2924-2932
  • Outcomes after R-CHOP in patients with newly diagnosed advanced follicular lymphoma: a 10-year follow-up analysis of the JCOG0203 trial. Lancet Haematol. 2018. 5. 11. e520-e531
  • Follicular lymphoma: the role of the tumor microenvironment in prognosis. J Clin Exp Hematop. 2016. 56. 1-19
  • Monitoring of hepatitis B virus (HBV) DNA and risk of HBV reactivation in B-cell lymphoma: a prospective observational study. Clin Infect Dis. 2015. 61. 719-729
  • Watanabe T, Mitsuhashi M, Sagawa M, Ri M, Suzuki K, Abe M, Ohmachi K, Nakagawa Y, Nakamura S, Chosa M, Iida S, Kizaki M. Phytohemagglutinin-induced IL2 mRNA in whole blood can predict bortezomib-induced peripheral neuropathy for multiple myeloma patients. Blood Cancer J. 2013. 3. e150
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1980 - 1986 千葉大学 医学部 医学科
学位 (1件):
  • 医学博士 (名古屋大学)
経歴 (14件):
  • 1986/05 - 1988/04 名古屋第二赤十字病院 研修医
  • 1988/05 - 1990/03 名古屋第二赤十字病院
  • 1990/04 - 1992/06 都立駒込病院 医員
  • 1990/04 - 1992/06 国立小児病院小児医療研究センター 共同研究員
  • 1992/07 - 1995/09 名古屋大学医学部 研究生
全件表示
委員歴 (7件):
  • 2013/08 - 現在 日本臨床腫瘍学会 協議員
  • 2012/07 - 現在 日本骨髄腫学会 代議員
  • 2009/07 - 現在 日本リンパ網内系学会 評議員
  • 2008/10 - 現在 日本血液学会 代議員
  • 2008/01 - 現在 日本癌学会 評議員
全件表示
所属学会 (8件):
日本臨床腫瘍学会 ,  日本内科学会 ,  日本骨髄腫学会 ,  日本血液学会 ,  日本リンパ網内系学会 ,  日本遺伝子細胞治療学会 ,  日本がん免疫学会 ,  日本癌学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る