研究者
J-GLOBAL ID:201701019453928130   更新日: 2020年10月06日

畦 五月

ウネ サツキ | Une Satsuki
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (1件): 家政学、生活科学
研究キーワード (4件): 食品機能学 ,  食文化 ,  調理学 ,  家庭科教育
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2019 - 2022 インゲン属雑豆の処理条件と含有レクチンの免疫賦活活性との関連と食品への応用
  • 2015 - 2019 調理操作後も残存したレクチンの免疫賦活作用とそれを利用した新規調理法
  • 1990 - 1991 ブロッコリーレクチンの精製と諸性質
論文 (35件):
もっと見る
MISC (33件):
  • 平田俊治, 畦五月, 時岡晴美. 学校教育から見た「学校と地域の連携・協働」の動向について 教育政策と学習指導要領の変遷を通して. 香川大学教育学部研究報告. 2020. 3. 35-47
  • 畦浩二, 溝上諒太, 畦五月. 大学の理科力の評価 2009年3月告示の高等学校学習指導要領の前後比較. 香川大学教育学部研究報告. 2020. 3. 1-15
  • 畦 五月. 初等家庭科教育法. 三門印刷所. 2017
  • 畦 五月. 家庭. 三門印刷所. 2017
  • 畦 五月. 小学校家庭科教科書の食物領域の学習内容についての考察. 就実論叢. 2017. 46. 285-296
もっと見る
書籍 (5件):
  • 子どもの食と栄養 改訂第二版
    保育出版社 2016
  • 調理学 生活の基盤を考える 改訂第三版
    学文社 2015
  • 調理学 生活の基盤を考える
    学文社 2013
  • 子どもの食と栄養
    保育出版社 2010
  • Cookingしましょ 津山の特産品を使って
    星雲社 1996
講演・口頭発表等 (38件):
  • 加熱した白花豆からのレクチンの精製とその性質
    (日本家政学会第72回大会 2020)
  • 加熱調理したキントキマメレクチンの性質と各種ガン細胞への影響
    (日本調理科学会2019年度大会 2019)
  • 加熱調理したサトイモレクチンが免疫機能に与える影響
    (日本家政学会第71回大会 2019)
  • 『御後園諸事留帳』にみる岡山の魚食習慣 サワラ、サヨリ、コノシロなどに焦点をあてて
    (日本家政学会食文化研究部会 例会 2019)
  • 中世以降の岡山県におけるタイの食習慣
    (日本調理科学会平成30年度大会 2018)
もっと見る
学歴 (2件):
  • - 1984 奈良女子大学 食物学専攻
  • - 1982 岡山大学 小学校教員養成課程
学位 (1件):
  • 博士(学術) (奈良女子大学)
経歴 (12件):
  • 2020/04 - 現在 香川大学教育学部 教授
  • 2018/04 - 現在 香川大学 教育学部 准教授
  • 2017/04 - 2018/03 就実短期大学 生活実践科学科 教授
  • 2012/04 - 2018/03 福山市立大学 保育学科 非常勤講師
  • 2011/04 - 2017/03 就実短期大学 生活実践科学科 准教授
全件表示
委員歴 (4件):
  • 2020/02 - 現在 高松市中央卸売市場開設運営協議会 委員
  • 2020/01 - 現在 日本家政学会 代議員
  • 2016/04 - 現在 全国健康保険協会岡山県支部 健康作り事業協議会 副委員長
  • 2016/04 - 2018/03 岡山県国民保護協議会 委員
所属学会 (6件):
家政学会(奈良女子大学) ,  Institute of Food Technologists ,  日本家庭科教育学会 ,  日本調理科学会 ,  日本栄養・食糧学会 ,  日本家政学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る