研究者
J-GLOBAL ID:201701019612614141   更新日: 2020年09月01日

宮川 裕基

ミヤガワ ユウキ | Miyagawa Yuki
所属機関・部署:
職名: 講師
研究キーワード (3件): 自尊心 ,  思いやり ,  セルフコンパッション
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2020 - 2024 セルフコンパッションが社会的排斥過程に及ぼす影響の検討
論文 (10件):
  • Miyagawa, Y, Taniguchi, J. Self-compassion and time perception of past negative events. Mindfulness. 2019. 11. 746-755
  • Miyagawa, Y, Niiya, Y, Taniguchi, J. When life gives you lemons, make lemonade: Self-compassion increases adaptive beliefs about failure. Journal of Happiness Studies. 2019. 21. 6. 2051-2068
  • Yuta Chishima, Masashi Mizuno, Daichi Sugawara, Yuki Miyagawa. The Influence of Self-Compassion on Cognitive Appraisals and Coping with Stressful Events. MINDFULNESS. 2018. 9. 6. 1907-1915
  • Yuki Miyagawa, Junichi Taniguchi, Yu Niiya. Can self-compassion help people regulate unattained goals and emotional reactions toward setbacks?. Personality and Individual Differences. 2018. 134. 239-244
  • 宮川裕基. 困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッションの検討. 帝塚山大学. 2017
もっと見る
MISC (17件):
  • 宮川裕基, 新谷優, 谷口淳一. 自分を思いやることは自分に甘いことを意味するのか-セルフコンパッションと自分に甘いことの類似点及び相違点の検討-. 日本社会心理学会第60会大会発表論文集. 2019. 287
  • 谷口淳一, 宮川裕基, 相馬敏彦. 低自己評価者はなぜ効果的な自己呈示を行えないのか? -2 つの自己評価目標の葛藤による自己制御資源の消費-. 日本社会心理学会第60会大会発表論文集. 2019. 301
  • 宮川裕基, 谷口淳一, 水野邦夫. 「自分を思いやる」文章の特徴の検討-セルフコンパッションの筆記法における自由記述への軽量テキスト分析-. 日本心理学会第83回大会. 2019
  • Miyagawa, Y, Taniguchi, J. When you feel inadequate, write about self-kind messages”: Testing writing methodologies of enhancing self-compassion among Japanese. Proceedings of the 13th Biennial Asian Association of Social Psychology. 2019
  • 宮川裕基, 谷口淳一. セルフコンパッショと目標の挫折経験へ対処の関連性. 日本社会心理学会第59回大会発表論文集. 2018. 215
もっと見る
講演・口頭発表等 (6件):
  • セルフコンパッションの高い人ほど困難に柔軟に対処しているのか
    (関西社会心理学研究会(KSP)第470回定例会 2019)
  • 困難に対処する心理的資源としてのセルフコンパッションの可能性
    (日本心理学会第83回大会小講演 2019)
  • セルフコンパッションの高い人ほど就職活動の不採用に挫けないのか-2017年度及び2018年度就職活動生を対象とした前向き研究-
    (日本応用心理学会第回86大会発表論文集, p.25 2019)
  • 重要他者への過剰適応に対する過剰適応信念の調整効果について
    (関西心理学会第128回大会発表論文集, p.33 2016)
  • 混合感情の文化比較-認知的評価理論の観点から-
    (日本感情心理学会第82回大会発表論文集, p.27 2016)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2014 - 2017 帝塚山大学 心理科学専攻
  • 2012 - 2014 帝塚山大学 心理科学専攻
  • 2007 - 2012 大阪教育大学
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 追手門学院大学心理学部講師
  • 2019/04 - 2020/03 追手門学院大学 心理学部 特任助教
  • 2017/04 - 2019/03 帝塚山大学 大学院 心理科学研究科 研究員
  • 2016/04 - 2019/03 帝塚山大学 心理学部 非常勤講師
  • 2015/09 - 2016/02 帝塚山大学 心理学部 ティーチングアシスタント
全件表示
受賞 (4件):
  • 2018/08 - 日本応用心理学会 日本応用心理学会学会賞(論文賞)
  • 2017/03 - 日本応用心理学会 日本応用心理学会若手会員研究奨励賞
  • 2016/08 - 日本社会心理学会 日本社会心理学会大学院生・若手研究者海外学会発表支援制度
  • 2015/02 - Society for Personality and Social Psychology Society for Personality and Social Psychology Diversity Fund Travel Award
所属学会 (6件):
日本グループ・ダイナミックス学会 ,  日本社会心理学会 ,  日本応用心理学会 ,  Society for Personality and Social Psychology ,  日本心理臨床学会 ,  日本心理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る