研究者
J-GLOBAL ID:201701019868158720   更新日: 2020年04月23日

阿部 博和

Abe Hirokazu
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (4件): 水圏生産科学 ,  進化生物学 ,  多様性生物学、分類学 ,  生態学、環境学
研究キーワード (9件): 環形動物 ,  個体群生態学 ,  進化生物学 ,  群集生態学 ,  系統分類学 ,  幼生生態学 ,  多毛類 ,  ベントス ,  干潟
競争的資金等の研究課題 (10件):
  • 2020 - 2023 海産環形動物絶滅危惧種の特定のための網羅的DNAバーコーディング:希少種の探索,新種記載と分類の整理,および分布情報の集積の促進
  • 2019 - 2022 貝類養殖における害虫多毛類の誘引・着底・穿孔のメカニズムとその起源を探る
  • 2019 - 2020 「奥田四郎博士が見たマドカスピオ」の正体を求めて
  • 2019 - Identification guide to the planktonic larvae of marine annelids in Japan
  • 2019 - 2019 遺伝子解析であばき出す海産多毛類「イワムシ」に潜む隠蔽種の存在
全件表示
論文 (24件):
  • 阿部博和, 松政正俊, 木下今日子, 鈴木孝男, 金谷弦. 広田湾小友浦における2018年干潟ベントス調査の報告 (東北地方太平洋沿岸地域生態系監視調査の補足調査). みちのくベントス. 2020. 4. 22-31
  • 阿部博和, 松政正俊, 木下今日子, 鈴木孝男, 金谷弦. 宮古湾津軽石川河口干潟における2018 年干潟ベントス調査の報告(東北地方太平洋沿岸地域生態系監視調査の補足調査). みちのくベントス. 2020. 4. 12-21
  • Nicolas Lavesque, Pat Hutchings, Hirokazu Abe, Guillemine Daffe, Laetitia M. Gunton, Christopher J. Glasby. Confirmation of the exotic status of Marphysa victori Lavesque, Daffe, Bonifácio & Hutchings, 2017 (Annelida) in French waters and synonymy of Marphysa bulla Liu, Hutchings & Kupriyanova, 2018. Aquatic Invasions. 2020. In press
  • Malan, A., Williams, J.D., Abe, H., Sato-Okoshi, W., Matthee, C.A., Simon, C.A. Clarifying the cryptogenic species Polydora neocaeca (Annelida: Spionidae): a shell-boring invasive pest of molluscs from locations worldwide. Marine Biodiversity. 2020. in press
  • 太田瑞希, 小林元樹, 阿部博和, 伊藤萌, 冨岡森理, 小島茂明. 利尻島沿岸の等脚目甲殻類(節足動物門). 利尻研究. 2020. 39. 47-54
もっと見る
MISC (13件):
もっと見る
書籍 (2件):
  • 大学初年次の生物学実習
    岩手医科大学教養教育センター生物学科 2018
  • 社会的責任学入門-環境危機時代に適応する7つの教養
    東北大学出版会 2011 ISBN:9784861631733
講演・口頭発表等 (106件):
  • Survey of the family Spionidae (Annelida) in North Taiwan
    (The Fourth Asian Marine Biology Symposium 2019)
  • Habitat alteration and benthic animal biodiversity in the Sanriku Coast after the 2011 earthquake and tsunamis
    (The Fourth Asian Marine Biology Symposium 2019)
  • Population genetic structures of two ocypodoid crab species along the Japanese coast
    (The Fourth Asian Marine Biology Symposium 2019)
  • Recolonization of two Pseudopolydora species (Annelida Spionidae) in relation to reproduction and larval development in a shallow, brackish and eutrophic lagoon after the 2011 tsunami
    (The Fourth Asian Marine Biology Symposium 2019)
  • Seasonal variation in distribution and species composition of infaunal spionid polychaetes (Annelida: Spionidae) in the intertidal zone of Tokyo Bay
    (The Fourth Asian Marine Biology Symposium 2019)
もっと見る
学歴 (4件):
  • 2013 - 2013 東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 大学院研究生
  • 2010 - 2013 東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 博士後期課程
  • 2008 - 2010 東北大学大学院 農学研究科 応用生命科学専攻 博士前期課程
  • 2004 - 2008 東北大学 農学部 生物生産科学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東北大学)
経歴 (4件):
  • 2017/04 - 現在 岩手医科大学 助教
  • 2016/04 - 現在 東邦大学 訪問研究員
  • 2016/04 - 2017/03 東邦大学 博士研究員
  • 2013/07 - 2016/03 国立研究開発法人水産総合研究センター 研究等支援職員
委員歴 (6件):
  • 2019/08 - 現在 環境省 絶滅のおそれのある野生生物の選定・評価検討会 海域その他無脊椎動物分科会 検討委員
  • 2019/04 - 現在 日本ベントス学会 自然環境保全委員会 委員
  • 2018/04 - 2019/03 日本ベントス学会 自然環境保全委員会 会計監査
  • 2015/02 - 2018/03 日本水産学会 特別委員会 水産学若手の会 委員
  • 2016/11 - 2016/11 日本学術会議公開シンポジウム「成熟社会における持続可能な水産業のあり方とその中長期戦略」 実行委員
全件表示
受賞 (6件):
  • 2019/07 - 日本動物学会東北支部 第6回 動物学フォトコンテスト 最優秀賞 「泥の中からこんにちは」
  • 2017/11 - The 3rd Asian Marine Biology Symposium Student Presentation Award (Co-author) 「Recent population connectivity of Clymenella collaris (Annelida: Maldanidae) among bays of Tohoku, northeastern Japan」
  • 2016/02 - 平成27年度日本水産学会東北支部長賞 「宮城県における震災後のアサリ幼生・稚貝の動態」
  • 2014/10 - The 2nd Asian Marine Biology Symposium Young Scientist Award (Co-author) 「Transitions in macrobenthic fauna and chemicals in Onagawa Bay, northeastern Japan, after the Great East Japan Earthquake and tsunami」
  • 2012/03 - 東北大学生態適応GCOE 環境機関コンソーシアム 優秀ポスター発表賞 「女川湾に出現するスピオ科多毛類浮遊幼生」
全件表示
所属学会 (5件):
日仏海洋学会 ,  日本動物学会 ,  日本生態学会 ,  日本ベントス学会 ,  日本水産学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る