研究者
J-GLOBAL ID:201701020168961997   更新日: 2020年08月31日

榮永 茉利

エイナガ マリ | Einaga Mari
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (1件): 磁性、超伝導、強相関系
研究キーワード (3件): 水素化合物 ,  超伝導 ,  高圧
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2018 - 2019 室温超伝導実現に向けた16族元素水素化合物の圧力誘起超伝導の探索
論文 (26件):
  • Katsuya Shimizu, Mari Einaga, Masafumi Sakata, Akiyoshi Masuda, Harushige Nakao, Mikhail Eremets, Alexander Drozdov, Ivan Troyan, Naohisa Hirao, Saori Kawaguchi, et al. Corrigendum to “Superconductivity and structural studies of highly compressed hydrogen sulfide” (Physica C: Superconductivity and its applications (2018) 552 (27-29), (S0921453418302107), (10.1016/j.physc.2018.05.011)). Physica C: Superconductivity and its Applications. 2019. 567
  • Mozaffari S, Sun D, Minkov VS, Drozdov AP, Knyazev D, Betts JB, Einaga M, Shimizu K, Eremets MI, Balicas L, et al. Superconducting phase diagram of H3S under high magnetic fields. Nature communications. 2019. 10. 1. 2522
  • Harushige Nakao, Mari Einaga, Masafumi Sakata, Masaomi Kitagaki, Katsuya Shimizu, Saori Kawaguchi, Naohisa Hirao, Yasuo Ohishi. Superconductivity of pure H3S synthesized from elemental sulfur and hydrogen. Journal of the Physical Society of Japan. 2019. 88. 12
  • Shimizu Katsuya, Einaga Mari, Sakata Masafumi, Masuda Akiyoshi, Nakao Harushige, Eremets Mikhail, Drozdov Alexander, Troyan Ivan, Hirao Naohisa, Kawaguchi Saori, et al. Superconductivity and structural studies of highly compressed hydrogen sulfide. PHYSICA C-SUPERCONDUCTIVITY AND ITS APPLICATIONS. 2018. 552. 27-29
  • 中尾 敏臣, 榮永 茉利, 坂田 雅文, 北垣 将臣, 清水 克哉, 平尾 直久, 河口 沙織, 大石 泰生. 高温高圧下で単体元素から直接合成された硫黄水素化物の超伝導. 日本物理学会講演概要集. 2018. 73. 0. 1355-1355
もっと見る
MISC (7件):
  • 坂田 雅文, 榮永 茉利, 中尾 敏臣. 新結晶・新物質 超高圧下における硫化水素の200Kに迫る高温超伝導相. 固体物理. 2016. 51. 3. 187-193
  • 榮永 茉利, 坂田 雅文, 中尾 敏臣, 清水 克哉, Eremets M. I, Drozdov A.P, Troyan I.A, 大石 泰生, 平尾 直久. 200Kにせまる高温超伝導と結晶構造. 大阪大学低温センターだより. 2016. 164. 10-13
  • 榮永 茉利, 加賀山 朋子, 清水 克哉, 大村 彩子, 山田 裕. 30aCM-6 n型Bi_2Te_3の圧力誘起超伝導(30aCM 超伝導物質,領域8(強相関係)). 日本物理学会講演概要集. 2014. 69. 0
  • 榮永茉利, 加賀山朋子, 清水克哉, 大村彩子, 中山敦子, 石川文洋, 山田裕, 中野智志, 松下明行. 非化学量論組成Bi2Te3における超伝導転移温度の圧力効果. 高圧討論会講演要旨集. 2013. 54th. 199
  • 榮永 茉利. 第49回ヨーロッパ高圧研究グループ会議(EHPRG)参加報告(II). 高圧力の科学と技術 = The Review of high pressure science and technology. 2011. 21. 4. 314-315
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2010 - 2013 新潟大学 数理物質科学専攻
  • 2008 - 2010 新潟大学 自然構造科学専攻
  • 2004 - 2008 新潟大学 物理学科
学位 (1件):
  • 博士(理学) (新潟大学)
経歴 (8件):
  • 2020/04 - 現在 大阪大学 大学院基礎工学研究科 附属極限科学センター 助教
  • 2016/04 - 2020/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 附属極限科学センター 特任助教
  • 2017/04 - 2018/04 マックスプランク化学研究所 Visiting Researcher
  • 2014/09 - 2016/03 大阪大学 大学院基礎工学研究科 附属極限科学センター 特任研究員
  • 2014/04 - 2014/08 大阪大学 大学院基礎工学研究科 附属極限科学センター 特任研究員
全件表示
受賞 (1件):
  • 2018/09 - アジアの高圧会議 Young Researcher Award
所属学会 (2件):
日本物理学会 ,  日本高圧力学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る