研究者
J-GLOBAL ID:201701020384000004   更新日: 2022年07月26日

五味 剣二

ゴミ ケンジ | Gomi Kenji
所属機関・部署:
職名: 教授
研究分野 (2件): 植物保護科学 ,  植物保護科学
研究キーワード (2件): 植物病理 ,  Plant Pathology
競争的資金等の研究課題 (2件):
  • 2008 - 植物病害抵抗性
  • 2008 - Plant defense response
論文 (64件):
  • Saeko Konishi-Sugita, Kayo Sato, Etsuko Mori, Yuko Abe, Miho Hazebayashi, Kenji Gomi, Mitsuaki Tabuchi, Gan Kisaki, Tetsuo Fukuda, Tetsuro Manabe, et al. Development of Genome-wide SSR Markers in Kiwifruit Using Sequence Information from a Public Database. The Horticulture Journal. 2022
  • Ryoma Kaji, Rina Yariuchi, Yumi Fujii, Shiduku Taniguchi, Yuya Uji, Go Suzuki, Keita Kashihara, Gan Kisaki, Katsuhiko Suezawa, Mamoru Ohtani, et al. Expression analysis of defense-related genes in wild kiwifruit (Actinidia rufa) tolerant to bacterial canker. Journal of General Plant Pathology. 2021. 87. 6. 361-365
  • Haruna Kiyama, Ayaka Matsunaga, Go Suzuki, Kenji Gomi. Monoterpene geraniol produced by rice terpene synthase 21 suppresses the expression of cell-division related genes in the rice bacterial pathogen, Xanthomonas oryzae pv. oryzae. Physiological and Molecular Plant Pathology. 2021. 115
  • Go Suzuki, Nonawin Lucob-Agustin, Keita Kashihara, Yumi Fujii, Yoshiaki Inukai, Kenji Gomi. Rice MEDIATOR25, OsMED25, is an essential subunit for jasmonate-mediated root development and OsMYC2-mediated leaf senescence. Plant Science. 2021. 306
  • Ioana Valea, Atsushi Motegi, Naoko Kawamura, Koichi Kawamoto, Akio Miyao, Rika Ozawa, Junji Takabayashi, Kenji Gomi, Keiichirou Nemoto, Akira Nozawa, et al. The rice wound-inducible transcription factor RERJ1 sharing same signal transduction pathway with OsMYC2 is necessary for defense response to herbivory and bacterial blight. Plant Molecular Biology. 2021
もっと見る
MISC (76件):
  • 山田涼華, 佐々奈於美, 藤原祥子, 川口瑞生, 齊藤美桜, 生咲巖, 秋光和也, 五味剣二, 杉田(小西)左江子, 濱野康平, et al. MAPキナーゼを標的としたキウイフルーツかいよう病菌エフェクターの酵母発現系による機能解析. 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web). 2021. 58th
  • 萩原奏, 大谷夏生, 安喜絢花, 松平一志, 加野彰人, 福元健志, 大谷耕平, 吉田裕美, 加藤志郎, 五味剣二, et al. D-allose作用機構におけるイネG6PDHの機能解析. 日本農芸化学会中四国支部講演会講演要旨集(Web). 2021. 58th
  • 山野竜一郎, 石原亜由美, 一色淳憲, 大谷耕平, 何森健, 吉原明秀, 望月進, 市村和也, 五味剣二, 秋光和也. カンキツ黒腐病菌Alternaria citriの炭素異化代謝産物抑制を誘導する糖の特徴. 日本植物病理学会報. 2021. 87. 1
  • 有田佳司, 津木悠吾, 田中佐和, 増中章, 宮本蓉子, 大谷耕平, 柘植尚志, 山本幹博, 望月進, 市村和也, et al. ACT毒素生合成遺伝子クラスターに座乗するacyl-CoA dehydrogenaseとHMG-CoA synthaseをコードする推定ORFの機能解析. 日本植物病理学会報. 2021. 87. 1
  • 江島早紀, 望月進, 加野彰人, 福元健志, 小原敏明, 市村和也, 五味剣二, 何森健, 秋光和也. 希少糖の植物への作用(57):希少糖D-allulose作用におけるイネphosphoglucose isomeraseの役割について. 日本植物病理学会大会プログラム・講演要旨予稿集. 2021. 2021
もっと見る
学歴 (3件):
  • - 2002 愛媛大学 生物環境保全学
  • - 1999 横浜市立大学
  • - 1997 横浜市立大学
学位 (1件):
  • 博士(学術) (愛媛大学)
経歴 (7件):
  • 2020/04 - 現在 香川大学 農学部 教授
  • 2011/04 - 2020/03 - 香川大学, 准教授
  • 2008 - 2011 香川大学農学部, 助教
  • 2007 - 2008 京都大学生態学研究センター, 非常勤講師(研究機関研究員)
  • 2004 - 2007 農業生物資源研究所, 博士研究員
全件表示
受賞 (2件):
  • 2009 - 日本植物病理学会学術奨励賞
  • 2004/03 - 日本植物病理学会論文賞
所属学会 (2件):
日本植物病理学会 ,  日本植物生理学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る