研究者
J-GLOBAL ID:201701020517747574   更新日: 2020年09月05日

松田 研一

Matsuda Kenichi
所属機関・部署:
職名: 助教
ホームページURL (1件): http://www.pharm.hokudai.ac.jp/tennen/index.html
研究分野 (1件): 生物有機化学
研究キーワード (4件): 放線菌 ,  ゲノムマイニング ,  生合成 ,  天然物化学
競争的資金等の研究課題 (3件):
  • 2020 - 2023 PBP-type TEを基軸とした環状ペプチドの新規供給法の確立
  • 2019 - 2022 PBP type-TEのペプチド環化触媒能の解明と環状ペプチドの多様性拡張 研究課題
  • 2020 - 2021 PBP type-TEによる環状ペプチドの化学・生物生産
論文 (15件):
  • Takefumi Kuranaga, Kenichi Matsuda, Masachika Takaoka, Chisato Tachikawa, Ayae Sano, Kosei Itoh, Ayumu Enomoto, Kei Fujita, Ikuro Abe, Toshiyuki Wakimoto. Total Synthesis and Structural Revision of Kasumigamide, and Identification of a New Analogue. ChemBioChem. 2020
  • Sumire Kurosawa, Kenichi Matsuda, Fumihito Hasebe, Taro Shiraishi, Kazuo Shin-Ya, Tomohisa Kuzuyama, Makoto Nishiyama. Guanidyl modification of the 1-azabicyclo[3.1.0]hexane ring in ficellomycin essential for its biological activity. Organic & biomolecular chemistry. 2020. 18. 27. 5137-5144
  • Y. Katsuyama, K. Matsuda. Recent advance in the biosynthesis of nitrogen-nitrogen bond-containing natural products. Curr. Opin. Chem. Biol. 2020
  • Kenichi Matsuda, Rui Zhai, Takahiro Mori, Mazakazu Kobayashi, Ayae Sano, Ikuro Abe, Wakimoto Toshiyuki. Heterochiral coupling in non-ribosomal peptide macrolactamization. Nature Catalysis. 2020. 32
  • Kei Sakaki, Keita Ohishi, Tetsu Shimizu, Ikki Kobayashi, Naoki Mori, Kenichi Matsuda, Takeo Tomita, Hidenori Watanabe, Kan Tanaka, Tomohisa Kuzuyama, et al. A suicide enzyme catalyzes multiple reactions for biotin biosynthesis in cyanobacteria. Nature chemical biology. 2020
もっと見る
MISC (5件):
  • Kenichi Matsuda. A Tale of Penicillin-Binding Protein Specialized for Peptide Cyclization. Nature Research Chemistry Community - Behind the Paper. 2020
  • 松田研一, 西山真. アミノ基キャリアタンパク質を介して生合成される新規天然物の探索と特異なN-N結合形成機構の発見. 生化学. 2020. 92. 1. 130-135
  • 松田研一, 脇本敏幸. バクテリアが有する新たな非リボソームペプチド環化酵素. バイオサイエンスとインダストリー. 2019. 77. 4. 306-307
  • 松田研一, 倉永健史, 脇本敏幸. ペニシリン結合タンパク質によるペプチド環化 非リボソーム依存性ペプチド生合成における新規環化酵素の発見. ファルマシア(Web). 2019. 55. 7. 650-654(J-STAGE)
  • Kenichi Matsuda, Fumihito Hasebe, Takeo Tomita, Yu Shiwa, Hirofumi Yoshikawa, Kazuo Shin-ya, Tomohisa Kuzuyama, Makoto Nishiyama. Screening of secondary metabolites biosynthesized with novel amino acid carrier protein system. FASEB JOURNAL. 2014. 28. 1
特許 (1件):
  • ペプチド類の大環状化酵素
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (3件):
  • 2017/09 - 現在 北海道大学 大学院薬学研究院 助教
  • 2017/06 - 2017/08 北海道大学 大学院薬学研究院 特任助教
  • 2017/04 - 2017/05 次世代天然物化学技術研究組合 博士研究員
所属学会 (4件):
日本生薬学会 ,  日本放線菌学会 ,  日本農芸化学会 ,  日本薬学会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る