研究者
J-GLOBAL ID:201701020536874722   更新日: 2021年04月06日

萩原 学

ハギワラ マナブ | Hagiwara Manabu
所属機関・部署:
職名: 専任講師
研究分野 (2件): 無機物質、無機材料化学 ,  無機材料、物性
研究キーワード (6件): 圧電体 ,  熱電材料 ,  強誘電体 ,  セラミックス ,  無機化学 ,  材料科学
競争的資金等の研究課題 (5件):
  • 2020 - 2024 高性能な酸化物熱電材料の開発に向けた複合カチオンエンジニアリングの構築
  • 2018 - 2021 複合カチオンエンジニアリングによる超低熱伝導性酸化物の設計・合成と熱電特性の向上
  • 2016 - 2018 Aサイト複合ペロブスカイトのリラクサー相を利用した高温キャパシタ用誘電体の創製
  • 2013 - 2015 強誘電ドメインの運動性を制御した高温用非鉛圧電セラミックスの開発
  • 2011 - 2012 ハイパワー用圧電セラミックスの非線形応答と損失に関する研究
論文 (57件):
  • Taro Yamauchi, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara. Effects of dual lanthanide ions doping on optical and electrical properties of barium stannate with Ba1--La Sm SnO3 compositions. Journal of Alloys and Compounds. 2021. 861. 158566-158566
  • Takahito Shoji, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara. Comparative hydrothermal synthesis of CeO2 crystals for use in light-scattering layers of dye-sensitized solar cells. CrystEngComm. 2021
  • Daichi Tonagi, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara. Fabrication of highly (1 1 1)-oriented Cu2O films on glass substrates by repeated chemical bath deposition. Journal of Crystal Growth. 2020. 551. 125920-125920
  • Masayoshi Yamamoto, Ryotaro Sakurai, Manabu Hagiwara, Shinobu Fujihara. Hydrothermal growth of c-axis oriented ferroelectric (Bi1/2K1/2)TiO3 films on metal substrates. Thin Solid Films. 2020. 713. 138342-138342
  • Kasumi MOTOMIYA, Manabu HAGIWARA, Shinobu FUJIHARA. Effect of micro-/mesoporous structures on H2O2 sensing ability of YVO4:Eu3+ phosphor particles. Journal of the Ceramic Society of Japan. 2020. 128. 8. 532-538
もっと見る
MISC (2件):
書籍 (1件):
  • エレクトロニクス用セラミックスの開発、評価手法と応用
    技術情報協会 2020 ISBN:9784861047985
学歴 (2件):
  • 2011 - 2013 東京工業大学 材料工学専攻
  • 2009 - 2011 東京工業大学 材料工学専攻
学位 (1件):
  • 博士(工学) (東京工業大学)
経歴 (3件):
  • 2021/04 - 現在 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 専任講師
  • 2013/04 - 2021/03 慶應義塾大学 理工学部 応用化学科 助教
  • 2018/09 - 2019/08 ノルウェー科学技術大学 客員研究員
所属学会 (3件):
日本ゾル-ゲル学会 ,  応用物理学会 ,  日本セラミックス協会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る