研究者
J-GLOBAL ID:201701020763140999   更新日: 2020年09月10日

日野 美紀

ヒノ ミキ | Hino Miki
所属機関・部署:
職名: 助教
研究分野 (2件): 細胞生物学 ,  機能生物化学
研究キーワード (4件): 自然免疫 ,  糖鎖修飾 ,  オルガネラ ,  GPIアンカー
競争的資金等の研究課題 (7件):
  • 2014 - 2016 ?病原菌を効率的に排除するために必要な、糖鎖修飾変化の機構
  • 2014 - 2016 病原菌を効率的に排除するために必要な、糖鎖修飾変化の機構
  • 2012 - 2014 自然炎症の恒常性維持に寄与する糖鎖修飾の解析
  • 2011 - 2013 ?GPI アンカー修飾は mRNA の局在によって制御されているか
  • 2011 - 2013 GPI アンカー修飾は mRNA の局在によって制御されているか
全件表示
論文 (25件):
  • Yamamoto-Hino M, Katsumata E, Suzuki E, Maeda Y, Kinoshita T, Goto S. Nuclear envelope localization of PIG-B is essential for GPI-anchor synthesis in Drosophila. Journal of Cell Science. 2018
  • Yamamoto-Hino M, Goto S. Spätzle-Processing Enzyme-independent Activation of the Toll Pathway in Drosophila Innate Immunity. Cell Structure and Function. 2016. 41. 1. 55-60
  • Miki Yamamoto-Hino, Hideki Yoshida, Tomomi Ichimiya, Sho Sakamura, Megumi Maeda, Yoshinobu Kimura, Norihiko Sasaki, Kiyoko F. Aoki-Kinoshita, Akiko Kinoshita-Toyoda, Hidenao Toyoda, et al. Phenotype-based clustering of glycosylation-related genes by RNAi-mediated gene silencing. GENES TO CELLS. 2015. 20. 6. 521-542
  • Miki Yamamoto-Hino, Masatoshi Muraoka, Shu Kondo, Ryu Ueda, Hideyuki Okano, Satoshi Goto. Dynamic regulation of innate immune responses in Drosophila by Senju-mediated glycosylation. Proceedings of the National Academy of Sciences of the United States of America. 2015. 112. 18. 5809-14
  • Miki Yamamoto-Hino, Satoshi Goto. In Vivo RNAi-Based Screens: Studies in Model Organisms. GENES. 2013. 4. 4. 646-665
もっと見る
学歴 (1件):
  • 1984 - 1989 東京大学 農芸化学科
学位 (1件):
  • 博士(農学) (東京大学)
経歴 (2件):
  • 2017/04/01 - 現在 立教大学 理学部 生命理学科 助教
  • 2012/04/01 - 2017/03/31 立教大学 理学部 生命理学科 研究員
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る