研究者
J-GLOBAL ID:201701020916257572   更新日: 2020年01月14日

久野洋

ヒサノヨウ | HisanoYo
所属機関・部署:
職名: 特別研究員(PD)
その他の所属(所属・部署名・職名) (1件):
研究分野 (1件): 日本史
研究キーワード (3件): 犬養毅 ,  地方政治史 ,  日本近代史
競争的資金等の研究課題 (4件):
  • 2019 - 2024 巨大塩田地主野﨑家史料の総合的研究
  • 2017 - 2020 自由通商の近代日本政治史
  • 2017 - 2020 明治政治史の再構築:民力休養・対外硬路線に着目して
  • 2014 - 2016 近代日本の対外硬運動に関する基礎的研究
論文 (11件):
  • 久野洋. 日清戦後の対外硬派:大手倶楽部の動向を中心に. 日本史研究. 2019. 685. 47-64
  • 久野洋. 立憲国民党の成立:犬養毅と坂本金弥の動向を中心に. 史学雑誌. 2017. 126. 12. 1908-1934
  • 久野洋. 犬養毅・立憲国民党の地方基盤 : 大正期「第三党」構想の前提. ヒストリア. 2017. 265. 211-240
  • 久野洋. 地域史料からみえる帝国日本:小川貴の父宛書簡より. 岡山県立記録資料館紀要. 2017. 12. 39-50
  • 久野 洋. 地域政党鶴鳴会の成立 : 明治期地方政治史研究の一視角. 史学雑誌. 2016. 125. 7. 1215-1250
もっと見る
MISC (11件):
  • 久野洋. 紹介 稲田雅洋著『総選挙はこのようにして始まった』. 歴史評論. 2020. 838. 108
  • 久野洋. 〈地域史づくり〉に寄せて. LINK:地域・大学・文化. 2019. 11. 198-199
  • 久野洋. 書評 前田亮介著『全国政治の始動-帝国議会開設後の明治国家-』. 史学雑誌. 2019. 128. 6. 36-43
  • 久野洋. 書評 西山由理花著『松田正久と政党政治の発展-原敬・星亨との連携と競合-』. 日本史研究. 2019. 680. 77-84
  • 久野洋. 東アジアの歴史認識・歴史叙述をめぐる日本の同時代史. ソウル大学校歴史教育科・韓国中国近現代史学会・ソウル大学校奎章閣韓国学研究院『第12回国際学術会議 現代中国と東アジアの新環境:改革開放40年の歴史認識』(国際シンポジウム論文集)上巻. 2018. 71-79
もっと見る
書籍 (2件):
  • 会沢正志斎書簡集
    思文閣出版 2016
  • 伊丹市立博物館史料集12 明治期伊丹の鉄道
    伊丹市立博物館 2017
講演・口頭発表等 (9件):
  • コメント:柳鏞泰「自国史の帝国性を問う-韓中日三国の東アジア地域史比較-」をめぐって
    (大阪大学政治史研究会 2016)
  • 選挙地盤からみた明治・大正期の犬養毅
    (第二回東アジア日本研究者協議会国際学術大会 2017)
  • 鉄道敷設からみる伊丹の近代化
    (伊丹市立博物館平成29年度秋期企画展講演会 2017)
  • 犬養毅・立憲国民党の地方基盤:大正期「第三党」構想の前提
    (2017年度大阪歴史学会大会 2017)
  • 日清・日露戦争期における犬養毅の対外論
    (大阪歴史学会近代史部会 2018)
もっと見る
学歴 (3件):
  • 2006 - 2010 大阪大学 文学部 人文学科
  • 2010 - 2012 大阪大学大学院 文学研究科 博士前期課程
  • 2012 - 2016 大阪大学大学院 文学研究科 博士後期課程
学位 (1件):
  • 博士(文学) (大阪大学)
経歴 (16件):
  • 2012/04 - 2012/09 伊丹市立博物館 嘱託職員
  • 2013/04 - 2014/03 大阪大学大学院 文学研究科 特任研究員
  • 2014/04 - 2016/03 日本学術振興会 特別研究員(DC2)
  • 2016/10 - 2017/03 大阪大学大学院 文学研究科 招へい研究員
  • 2016/09 - 2017/03 関西国際大学 非常勤講師
全件表示
委員歴 (5件):
  • 2015/10 - 2017/10 日本史研究会 研究委員
  • 2014/12 - 現在 岡山地方史研究会 事務局員
  • 2014/06 - 現在 大阪歴史科学協議会 研究委員
  • 2012/06 - 2014/06 大阪歴史学会 庶務委員
  • 2010/06 - 2011/06 大阪歴史科学協議会 編集委員
所属学会 (5件):
岡山地方史研究会 ,  大阪歴史科学協議会 ,  史学会 ,  大阪歴史学会 ,  日本史研究会
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る