研究者
J-GLOBAL ID:201701020958322056   更新日: 2020年08月28日

内種 岳詞

ウチタネ タケシ | Uchitane Takeshi
所属機関・部署:
職名: 講師
研究分野 (1件): 数理情報学
競争的資金等の研究課題 (1件):
  • 2015 - 2017 進化計算を応用した実験計画法の体系化
論文 (23件):
もっと見る
MISC (2件):
  • 内種岳詞. 安心の素 [37] 「避難とシミュレーション」. 神戸新聞 神戸大学コラム. 2018
  • 林原靖男, 大林健, 成瀬正, 武村泰範, 河原林友美, 大金一二, 伊藤暢浩, 植村渉, 野村康郎, 内種岳詞. ロボカップ2011イスタンブール世界大会レポート. ロボコンマガジン. 2011. 77
講演・口頭発表等 (68件):
  • 都市交通評価のためのマルチエージェントシミュレーションとその大規模結果の評価
    (大阪大学MMDSワークショップ 工学と数学の接点を求めて 2018)
  • Sensing Human Mobility on A Day-Event via Wi-Fi Probe Request Signals
    (KUBEC 9th Symposium 2018)
  • 道路ネットワークにおける近道と経路選択と交通渋滞との関係考察
    (平成30年 電気学会 電子・情報・システム部門大会 2018)
  • 自動車道路ネットワーク構造と最適な経路選択の困難さの関係考察
    (第28回インテリジェント・システム・シンポジウム2018 講演論文集 2018)
  • Degree of Vehicle Traffic Congestion with an Existence of Shorter Path on Road Networks
    (SICE Annual Conference 2018 2018)
もっと見る
学歴 (1件):
  • - 2013 大阪大学 大学院情報科学研究科博士後期課程修了
学位 (2件):
  • 修士(情報科学) (大阪大学)
  • 博士(情報科学) (大阪大学)
受賞 (2件):
  • 2017/11 - IWACIII IWACIII 2017 Young Researcher Award Evolutionary Design of Experiments to Find Significant Effects for Natural Disaster Prevention
  • 2017 - 電気学会 電子・情報・システム部門 技術委員会奨励賞 「大規模交通シミュレーション結果にもとづく交通予測モデルの構築」による研究会活性化への貢献
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る