研究者
J-GLOBAL ID:201701021346116119   更新日: 2020年09月11日

北川 順久

キタガワヨリ ヒサ | Yorihisa Kitagawa
所属機関・部署:
職名: 助手
MISC (11件):
  • Kitagawa Y, Kawamorita A, Shimada H, Nakashizuka H. Treatment of macular hemorrhage in retinal arterial microaneurysm: anatomic site-oriented therapy. Japanese Journal of Ophthalmology. 2019
  • Nakashizuka H, Shimada H, Hattori T, Tanaka K, Kitagawa Y, Shinoda K. Intravitreal Injection of 1.25% Povidone Iodine Followed by Vitrectomy Using 0.025% Povidone Iodine Irrigation for Treating Endophthalmitis. Transl Vis Sci Technol. 2019
  • Kitgawa Y, Shimada H, Shinojima A, Nakashizuka H. Foveal Avascular Zone Area Analysis Using Optical Coherence Tomography Angiography Before And After Idiopathic Epiretinal Membrane Surgery. Retina. 2019
  • hoda C, Kitagawa Y, Shimada H, Yuzawa M, Amane Tateno, Yoshiro Okubo. Relationship of area of soft drusen with cerebral amyloid β accumulation and blood amyloid β level in the elderly. J Alzheimers Dis. 2018
  • Kitagawa Y, Shimada H, Mori R, Tanaka K, Yuzawa M. Intravitreal Tissue Plasminogen Activator, Ranibizumab, and Gas Injection for Submacular Hemorrhage in Polypoidal Choroidal Vasculopathy. Ophthalmology. 2016
もっと見る
講演・口頭発表等 (11件):
  • 認知症患者の両眼急性緑内障発作に対し全身麻酔下白内障手術を行った1例.
    (第7回神田エリア救急医療研究会. 東京(日本大学病院). 2019)
  • 27ゲージ黄斑上膜硝子体手術における前眼部所見の検討.
    (第58回日本網膜硝子体学会総会 2019)
  • 外傷性内頸動脈海綿静脈洞瘻の1例.
    (第105回神経眼科勉強会, 東京(井上眼科病院) 2019)
  • 濾過胞関連眼内炎への0.025%ポビドンヨード灌流液を用いた白内障硝子体同時手術.
    (第123回日本眼科学会総会 2019)
  • 選択的血漿交換療法が有効であった抗アクアポリン4抗体陽性視神経炎の一例.
    (第72回日本臨床眼科学会総会 2018)
もっと見る
学位 (1件):
  • 組み換え組織プラスミノーゲン活性化因子、血管内皮増殖因子阻害薬、および八フッ化プロパンガスの硝子体内注射による黄斑下血腫移動術の研究 (日本大学 医学部)
※ J-GLOBALの研究者情報は、researchmapの登録情報に基づき表示しています。 登録・更新については、こちらをご覧ください。

前のページに戻る