{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702210605748420   整理番号:17A0526968

オリゴシラニルシラトランおよび関連誘導体の電子移動と修飾

Electron Transfer and Modification of Oligosilanylsilatranes and Related Derivatives
著者 (4件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 342-351  発行年: 2017年01月23日
JST資料番号: E0965A  ISSN: 0276-7333  CODEN: ORGND7  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
トリス(トリメチルシリル)シリルカリウムと,トリフルオロメタンスルホン酸シラトラニルとの反応から,シラトランが置換したオリゴシランを調製し,それを誘導体化して,関連するポタシウムシラニド,およびヘキサシラン類に変換した。これらをNMR分光法,サイクリックボルタンメトリー,および密度汎関数法などで研究した。電気酸化は,短寿命のカチオンラジカルの生成により起こり,このカチオンラジカルは,Si-N相互作用の観点から,endoとexoの関係にある,ペアの配座異性体である事を示した。1,4-ジシラトラニル-1,4-ジシラニドと,1,2-ジクロロテトラメチルジシランとの反応生成物は,シクロヘキサシランのcis,およびtrans-異性体の混合物である事を示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
有機けい素化合物 
物質索引 (6件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る