{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702211677749310   整理番号:17A0409706

リーンベース清浄はearthworks動作【Powered by NICT】

Lean-based clean earthworks operation
著者 (3件):
資料名:
巻: 142  号: P4  ページ: 2195-2208  発行年: 2017年
JST資料番号: W0750A  ISSN: 0959-6526  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
土工運転は,全プロジェクト期間の短周期のみを占めているが,高コスト,主に重機械と熟練したオペレータの使用によるを伴っている。短持続時間にかかわらず,環境への手術の負の効果は有害であり,特にサイト堆積物汚染の観点から。しかし,現在の知識は運転期間中の生産と環境因子の同時強化を可能にする改善戦略を欠いていた。のために,本研究は,よりクリーンな土工事運転を達成するためのリーン生産の概念を適用して生産(時間とコスト),環境(帯水層汚染)変数を改善シームレスにを目的とした。結果として,異なるデータ収集方法(面接,観察,部位文書)を組み合わせた事例研究手法を用いて提案されている希薄ベース方法論。研究の知見は,希薄は清浄な可能にすることを示唆する。正改善はそれぞれ42.7%と24.9%による時間とコスト削減の点で観察された。環境因子,降雨侵食は41.8%減少し,その結果,土壌侵食と堆積物生産のリスクを低減することである。最終的に,提案した方法論は,その源,清浄土工事のための目的を満足するにおける生産と環境の両方の次元を改善シームレスことができた。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
環境問題 

前のページに戻る