{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702212085657440   整理番号:17A0474209

航空宇宙材料-Ti(含むグレイド2)合金の持続可能な加工:モデリングと最適化【Powered by NICT】

Sustainable machining of aerospace material - Ti (grade-2) alloy: Modeling and optimization
著者 (4件):
資料名:
巻: 147  ページ: 614-627  発行年: 2017年
JST資料番号: W0750A  ISSN: 0959-6526  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
航空宇宙材料の機械加工における持続可能な技術の応用は,経済的および環境的側面に関する実現可能性を達成するための非常に顕著であった。持続可能な機械加工のコンテキストにおいて最近採用法は,MQL(Minimum Quantity Lubrication)技術の応用を含んでいる。本論文では,実験的研究,経験的結果と実験結果の比較,望ましさ最適化技術を用いた補完を提示し,MQL条件を考慮した航空宇宙材料-チタン(グレード2)合金の旋削における切削力,表面粗さ,工具摩耗,表面トポグラフィー,微小硬さおよび表面化学組成への影響。この目的を達成するため,最初に,旋削実験を,応答曲面法(RSM)を用いて切削速度,送り速度,アプローチ角のようなプロセスパラメータの条件を変えて行った。,分散及び回帰分析の解析は,選択した応答に及ぼす機械加工パラメータの影響を解析するために考慮した。さらに,切削力成分のための経験的および実験結果の比較から,Kienzle手法を用いて行われた。最後に,モデルの検証は,切削力の解析的予測結果を比較し良く一致することを実験と望ましさアプローチにより行った。研究は低切削速度(200m/分),低送り速度(0.10mm/rev)と高横切れ刃角(90°)で旋削表面粗さ,切削力,工具摩耗と微小硬さの高品質を保証することを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
旋削,中ぐり 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る