{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702212201111110   整理番号:17A0500263

高秩序サンドイッチ型(フタロシアニナト)(ポルフィリナト)ユウロピウムダブルデッカー型ナノチューブとNO2の室温検知特性

Highly ordered sandwich-type (phthalocyaninato)(porphyrinato) europium double-decker nanotubes and room temperature NO2 sensitive properties
著者 (7件):
資料名:
巻: 46  号:ページ: 1531-1538  発行年: 2017年
JST資料番号: A0270A  ISSN: 1477-9226  CODEN: DTARAF  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
サンドイッチ型(フタロシアニナト)(ポルフィリナト)ユウロピウムダブルデッカー型錯体Eu(TPyP){Pc-(OC8H17)8}[TPyP=meso-テトラ(4-ピリジル)ポルフィリン;Pc-(OC8H17)8=2,3,9,10,16,17,23,24-オクタキス(オクチルオキシ)フタロシアニン](2)が,設計されて合成された。比較研究のために,Eu(TPyP)(Pc)(1)も合成された。錯体(1)と(2)の高秩序ナノチューブが,陽極酸化処理された酸化アルミニウム(AAO)鋳型法を利用して成功裏に作成された。これらのナノチューブは,電子吸収スペクトル,走査型電子顕微鏡(SEM),低角X線回折(XRD),フーリエ変換赤外分光法(FTIR),及びエネルギー分散分光法(EDS)によって比較して調べられた。錯体(1)と(2)の両方のナノチューブは,すぐれた導電性を示し,NO2の室温での超高感度検出のための効率的なガスセンシングプラットフォームを与えた。錯体(2)に基づく本センサの検出限界と応答/回復時間は,錯体(1)のそれらよりも低くて早く,有機半導体のガスセンシング性能の調節での分子充填モードの顕著な効果を示唆する。Copyright 2017 Royal Society of Chemistry All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
第3族元素の錯体  ,  分析機器 
物質索引 (2件):
物質索引
文献のテーマを表す化学物質のキーワードです
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る