{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702213143434908   整理番号:17A0472936

マルチフィジックスシミュレーションを用いた圧電アコースティックエミッションセンサの絶対校正への数値的アプローチ【Powered by NICT】

Numerical approach to absolute calibration of piezoelectric acoustic emission sensors using multiphysics simulations
著者 (3件):
資料名:
巻: 256  ページ: 12-23  発行年: 2017年
JST資料番号: B0345C  ISSN: 0924-4247  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
本論文では,圧電アコースティックエミッション(AE)センサの絶対校正はマルチフィジックス数値的及び実験的モデルを用いて開発した。このプロセスでは,レーザと鉛筆の芯の破壊(PLB)を含む二種の一般的な励起方法を用いて,それらの優れた再現性と確立された解析式のソース関数のためシミュレーション源を発生させた。数値モデルは接着層,摩耗板,圧電セラミック,および基材を含む詳細源関数,鋼板と圧電センサモデルを含んでいる。四種類のAEセンサ(真の広帯域センサ,低周波数と高周波数従来のセンサと低周波非包装センサ)の実験結果は数値結果と比較した。数値的に得られた検量線は,メーカーによって提供された校正曲線と良い一致を示した。センサ応答に及ぼす接着層,下地材料とセンササイズの影響を調べた。非連成圧電センサモデルは,センサをキャリブレーションに使用できる単一変位履歴ではないことを示した。定量的AE解析は構造中および圧電センサの結合構造的及び電気的モデルを必要とすることを示した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
圧電デバイス 

前のページに戻る