{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702213267049690   整理番号:17A0529471

生態学的修復モデルは,淮南地域における土壌CO_2フラックスの日変化に及ぼす影響を研究した。【JST・京大機械翻訳】

Effects of Ecological Restoration Patterns on Diurnal Variation of CO_2Flux from Rehabilitated Soil of Coal Mining Areas in Huainan City
著者 (5件):
資料名:
巻: 36  号:ページ: 40-46,52  発行年: 2016年
JST資料番号: W0869A  ISSN: 1000-288X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 中国 (CHN)  言語: 中国語 (ZH)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
[目的]本研究の目的は,土壌のCO_2フラックスに対する異なる生態学的修復パターン(植生タイプと土壌厚さ)の影響を調査し,生態学的回復の理論的基礎を提供することである【方法】チャン-アルカリ法を用いて,淮南 採鉱の生態学的土壌のCO_2フラックスを測定し,土壌CO_2フラックスの日変化特性,および土壌温度,地下温度,および土壌含水量に対する[結果]異なる生態学的修復モデルの下で,土壌CO_2フラックスの変化パターンは単一ピーク曲線を示し,ピーク値は14:00であり,最低値は6:00であり,平均値は以下の通りB区(灌木)>C区(灌木)>D区(高木)>A区(草地)、B、CとA区の差異は顕著であり(P<0.05)、その他の区の間には有意差が土壌のCO_2フラックスの平均値は,異なる土壌厚さの下で,以下の通りであった。40-80CM>0-20CM>20-40CM>80-100CM。その最大値と幅の大きさの順序も平均値の順序に従う.土壌CO_2フラックスと地下5CMの土壌温度と地表温度の間には指数関数的関係があり,R2値はそれぞれ0.34~0.70,0.48~0.83の範囲にあり,土壌含水量との相関[結論]異なる植生タイプの条件下では,土壌CO_2フラックスの大きさは以下の通りであった。潅木林>高木林>草原。土壌のCO_2フラックスは覆土の厚さの増加とともに減少した。土壌CO_2フラックスに及ぼす植生タイプの影響は,土壌厚さのものより顕著であった。Data from the ScienceChina, LCAS. Translated by JST【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
土壌物理 

前のページに戻る