{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702213557131774   整理番号:17A0449980

内高温に曝された融雪加熱舗装コンクリートの等価塑性ひずみ解析【Powered by NICT】

The equivalent plasticity strain analysis of snow-melting heated pavement concrete exposed to inner elevated temperatures
著者 (5件):
資料名:
巻: 137  ページ: 66-75  発行年: 2017年
JST資料番号: T0560A  ISSN: 0950-0618  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
内部高温に曝した融雪加熱舗装コンクリートの等価塑性歪み(EPS)は,有限要素シミュレーションを用いて解析した。高い熱伝導率を持つコンクリートの最適配合は,機械的および熱的実験,融雪舗装の損傷を低減促進支援するにより得られた。パラメータをもつコンクリート損傷塑性(CDP)モデルに基づいて開発した三次元(3D)有限要素モデル。EPSは融雪加熱舗装コンクリートの損傷のための性能評価指標と考えられている。有限要素シミュレーションの結果に基づいて,内部高温に曝した融雪加熱舗装コンクリートのEPSは異なる舗装構造と外部条件で分析した。二EPS予測モデルを提案した:一つはEPSと内部高温である,もう一つはEPSと五つの重要な因子である。3D有限要素シミュレーションの出力は実験結果により検証した。数値結果は実験結果と非常によく一致することを示した。融雪加熱舗装コンクリートの損傷の予測・評価法も確立した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
セメントコンクリート舗装,剛性舗装 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る