{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702214860642183   整理番号:17A0562091

蛋白質超分子集合に基づく環境に優しい抗微生物コーティング剤

An Environmentally Benign Antimicrobial Coating Based on a Protein Supramolecular Assembly
著者 (6件):
資料名:
巻:号:ページ: 198-210  発行年: 2017年01月11日
JST資料番号: W2329A  ISSN: 1944-8244  CODEN: AAMICK  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
危険薬物を使わず,常食から抽出した蛋白質のみを利用した,環境に優しい抗菌コーティング剤を開発した。ニワトリ卵白リゾチーム(HEWL)が広範な抗微生物活性を持ち,血液や哺乳類細胞に対して優れた生物的適合性を示すことに注目して,HEWLベースのナノフィルムを調製した。目的のナノフィルムは,HEWLの自己集合する性質を利用することで,特別な薬品あるいは物理的処置を行う必要なく容易に調製できた。調製した相転移リゾチーム(PTL)ナノフィルムは,グラム陽性菌,グラム陰性菌および真菌を含む広範な抗微生物活性を示した。さらに,PTLナノフィルムは汚損防止効果,抗バイオフィルム活性,血液適合性,および哺乳類細胞に対する低い細胞毒性といった特性も保持していた。PTLナノフィルムにはアミロイド構造も含まれており,それにより様々な材料に対する高い付着能も示した。PTLナノフィルムは抗微生物コーティング剤として有用であると結論付けた。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
蛋白質・ペプチド一般  ,  医用素材 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る