{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702218982603302   整理番号:17A0470721

超高効率に向けてQCA可逆回路【Powered by NICT】

Towards ultra-efficient QCA reversible circuits
著者 (7件):
資料名:
巻: 49  ページ: 127-138  発行年: 2017年
JST資料番号: H0781A  ISSN: 0141-9331  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: オランダ (NLD)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
量子ドットセルラオートマトン(QCA),ナノテクノロジーは,将来のコンピューティング技術のための魅力的な展望を提供する。本論文では,QCAは,可逆論理の実現方法として研究した。新しいX ORゲートと2:1マルチプレクサを実行するための新しい手法を提示した。さらに,提案したX ORゲートに基づく効率的で強力なユニバーサル可逆ゲートを設計した。提案した可逆ゲートは他の可逆ゲートと比較して面積,複雑さ,電力消費,コスト関数を用いてQCA標準ベンチマーク組合せ機能を実行する上で優れた性能を示した。ゲートはこれまでに提示された最もコスト効率の良い設計の間で最低の全体的コストを達成し,24%減少した。可逆性の利点を利用するために,提案した可逆的なゲートである四種の一般的なラッチを設計するため活用(Dラッチ,Tラッチ,JKラッチ,SRラッチ)。提案した回路の特殊構造はQCAアーキテクチャにおける逐次および組合せ回路を設計する際のビルディングブロックとして用いることができた。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
固体デバイス計測・試験・信頼性 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る