{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702219036127296   整理番号:17A0560084

焼結ろう付けに関する新しいフィラー材の挙動を理解するための濡れ性

Wettability for understanding the behaviour of new filler materials for sinter-brazing
著者 (5件):
資料名:
巻: 60  号:ページ: 97-104  発行年: 2017年04月
JST資料番号: D0489A  ISSN: 0032-5899  CODEN: PWMTA  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
新設計のろう付け材(Cu-Ni-Si合金)の基材(Fe及びFe-0.5C)上での濡れ性を液滴法によって評価した。加熱雰囲気はAr及びN2-5%H2とした。液滴の広がりを実時間で監視した。基材とろう付け材との反応から得られた像を画像解析ソフトによって解析した。基材中の炭素は酸化物を還元するので液相の濡れ性を改善した。還元性雰囲気も濡れ性改善に寄与した。液滴と基材との界面は平面状であった。これは濡れが非反応的であり,固溶プロセスが存在していなかったことを意味している。凝固後の界面近傍のEDS分析を行った。液滴の凝固過程に依存して合金元素の分布を区分することが可能であった。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
ろう付  ,  固-液界面 

前のページに戻る