{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702221443239007   整理番号:17A0755457

細胞サイズと位置制御したマイクロバブルの音響穿孔法のための高速その場観察システム【Powered by NICT】

High-Speed In Situ Observation System for Sonoporation of Cells With Size- and Position-Controlled Microbubbles
著者 (1件):
資料名:
巻: 64  号:ページ: 273-280  発行年: 2017年
JST資料番号: H0369A  ISSN: 0885-3010  CODEN: ITUCER  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: アメリカ合衆国 (USA)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
ソノポレーションの機構に関する基礎研究のために開発された高速その場顕微鏡観察システムを紹介した。システムの主要部分は,逆型蛍光顕微鏡であり,最大フレーム速度20MHzの高速度カメラは,ソノポレーション効果を引き起こすことをキャビテーション気泡の動力学を可視化した。示差干渉コントラストおよび蛍光法は,ソノポレーション時の細胞変化の高感度可視化のために使用した。システムはまた,ドーナツ型光ビームを用いて大きさが数ミクロンのマイクロバブルを移動できることを光ピンセットを備えている。ソノポレーションのその場顕微鏡観察はサイズ位置制御マイクロバブルを用いた細胞を用いて行った。実験結果は,ソノポレーション誘導損傷を修復する細胞の能力は,それらの膜張力に依存し,ソノポレーション現象の研究のための基本ツールとして観測システムの有用性を示した。Copyright 2017 The Institute of Electrical and Electronics Engineers, Inc. All Rights reserved. Translated from English into Japanese by JST【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (3件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
その他の音響応用  ,  細胞生理一般  ,  遺伝子操作 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る