{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702221561635392   整理番号:17A0450868

光イオン化に続くAuのL X線強度比の角度依存性について【Powered by NICT】

On the angular dependence of L X-ray intensity ratios for Au following photoionization
著者 (3件):
資料名:
巻: 133  ページ: 28-30  発行年: 2017年
JST資料番号: D0627A  ISSN: 0969-806X  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
15.9keV光子により誘起されたAuの典型的なL X線スペクトルは,10°の間隔で0~110°から150°の範囲の放出角で測定した。L_α,L_β1,L_β2とL_γ1X線の強度を得て,L X線強度比の角度依存性を実験的に決定した。L_β1,L_β2とL_γ1X線は等方性発光を示すことが分かったが,測定したL_αX線空間異方的な分布を示した。L_β2X線の予期しない等方性発光はCoster-Kronig空孔移動プロセスを紹介した。L_αX線放出の異方性パラメータを推定した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (2件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
X線スペクトル  ,  原子と光子の相互作用 
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る