{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702221696957790   整理番号:17A0930770

ハイパースペクトルデータのMKL SVMによる物体知覚色分析

著者 (4件):
資料名:
巻: J100-D  号:ページ: 639-648 (WEB ONLY)  発行年: 2017年06月01日
JST資料番号: U0473A  ISSN: 1881-0225  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
生活を支援するサービスロボットでは,人の曖昧な指示を的確に理解し,動作することが求められる。本研究では曖昧な指示の一つである色の表現に着目する。従来の色認識は,L*a*bなどの視覚特性を考慮した色空間などが用いられてきたが,ロボットのセンシング能力を向上させることで曖昧性の一部を解決できると考え,ハイパースペクトルデータの活用を検討する。本研究では,ハイパースペクトルカメラによって得た高次元のスペクトル情報と知覚色の関係と,知覚色の識別性について分析を行う。識別性にはSVMを用いるのが一般的であるが,高次元でのハイパースペクトルデータに対し,知覚色識別に影響を与える次元と,与えにくい次元の重みを最適に学習するため,MKL SVMを用いる。五つの基本色の分類実験において,ハイパースペクトルにより高精度な知覚色空間を構築できることを示す。(著者抄録)
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
図形・画像処理一般 
引用文献 (33件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る