{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702223593900284   整理番号:17A0451885

波形板熱交換器レビュー【Powered by NICT】

Corrugated plate heat exchanger review
著者 (3件):
資料名:
巻: 70  ページ: 852-860  発行年: 2017年
JST資料番号: W1084A  ISSN: 1364-0321  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: イギリス (GBR)  言語: 英語 (EN)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
開発と全ての熱伝達装置の増強は,主にプロジェクト資本投資のエネルギー節約と節約のための目的,コスト(エネルギーまたは材料)を減少させることである。より良い熱交換器は,移動が最小コストで低ポンピングパワーで高い熱消費率のものである。,最近の十年では,企業から,波形板熱交換器の研究開発資金の使用済は異なり,汎用タイプと熱交換器のモデルを提供した。本研究では,コルゲート板式熱交換器のための研究者の努力の研究開発に焦点を作成した。このタイプの熱交換器を異なる工学分野と応用に広く用いられている。研究用原子炉は,集合/分解及びそれらの容易な保守性のその単純性のために,コルゲート板式熱交換器を広範囲に使用する重要な工学分野の1つである。波形プレート式熱交換器は他のタイプの熱交換器のより大きな柔軟性を持っている;伝熱面積とその冷却流の両方が増加しまたは容易に減少し,適応する可能性がある拡大・高度化の研究に一般的に使用される。現在の改訂は,のような種々の話題を組み込んだ板式熱交換器構造,熱特性,伝熱促進機構と同様に板式熱交換器の利点と限界。波形プレート式熱交換器は単相および二相流の両方で効率的に動作するが,二相流領域は,今もなお多くの研究が必要である。また;ナノ流体を用いた場合の波形板熱交換器の熱性能と圧力降下挙動を電流改正で議論した。Copyright 2017 Elsevier B.V., Amsterdam. All rights reserved. Translated from English into Japanese by JST.【Powered by NICT】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
熱交換器,冷却器 
タイトルに関連する用語 (3件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る