{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702224744000441   整理番号:17A1758432

金融情報学:ファイナンスにおける人工知能応用

著者 (6件):
資料名:
巻: 32  号:ページ: 905-910  発行年: 2017年11月01日
JST資料番号: X0330A  ISSN: 2188-2266  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 解説  発行国: 日本 (JPN)  言語: 日本語 (JA)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
人工知能学会全国大会の企画セッション「金融情報学:ファイナンスにおける人工知能応用」では市場予測,人工市場・市場シミュレーション,投資支援などを対象とする。本論文では,フィンテックブームにけん引されて金融情報学への注目が高まっていることを踏まえ,1)人工市場,2)金融データ分析,3)金融テキストマイニング分野の解説を行った。1)は金融市場を対象としたマルチエージェントシステムであり,投資家をモデル化したエージェントの行動と,取引所をモデル化した価格発見メカニズムの出力する市場価格の相互作用を直接分析できるので,現在直面している具体的な問題を議論する応用研究が増えている。また,2)の手法としては統計学的手法(経済物理),モデルを仮定して研究を進める金融工学的手法,及び機械学習的手法があり,様々な分野で注目されている深層学習の応用が期待されている。大規模なテキストから投資に有用な情報を抽出する3)は,抽出した情報を業績予測や人工知能による投資の情報源とするために極性辞書の構築や極性付与の研究のほか,金融変数の予測にも応用されていることを示した。
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

分類 (4件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
人工知能  ,  原価管理一般  ,  その他の情報処理  ,  マーケティング 
引用文献 (47件):
もっと見る
タイトルに関連する用語 (5件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る