{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad01_expire_date}}
{{ $t("message.ADVERTISEMENT") }}
{{ $t("message.AD_EXPIRE_DATE") }}{{ad02_expire_date}}
文献
J-GLOBAL ID:201702225071725870   整理番号:17A0535445

転写因子HSF4のバイオインフォマティクス解析【JST・京大機械翻訳】

Bioinformatics Analysis of Heat Shock Transcription Factor 4
著者 (7件):
資料名:
巻: 20  号:ページ: 475-479  発行年: 2016年
JST資料番号: W1527A  ISSN: 1007-7847  CODEN: SKYAFL  資料種別: 逐次刊行物 (A)
記事区分: 原著論文  発行国: 中国 (CHN)  言語: 中国語 (ZH)
抄録/ポイント:
抄録/ポイント
文献の概要を数百字程度の日本語でまとめたものです。
部分表示の続きは、JDreamⅢ(有料)でご覧頂けます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
熱ショック転写因子4(HEAT SHOCK TRANSCRIPTION FACTOR 4, HSF4)は熱ショック転写因子HSFファミリーメンバーである。近年、HSF4は熱ショックタンパク質(HEAT SHOCK PROTEIN,HSP)の発現を調節する機能を発揮する以外に、直接或いは間接的に多くの非熱ショック遺伝子の発現を調節し、細胞の生長発育9つの種のHSF4タンパク質配列に対して、多重配列比較、進化痕跡分析とタンパク質特定機能領域分析を行い、2つの保存領域を発見した。一つは75~119の保存領域で、その一部は文献の報告されたHSFファミリーのDNA結合領域に位置し、この領域はハンマリングオン構造を呈し、中部に親水性アミノ酸があり、この首輪構造がDNAもう一つの保存領域は176~230で,ランダムコイル(COIL)構造を示し,HSF4とDNA認識,結合,固定機能に関連している可能性がある。HSF4のバイオインフォマティクス解析は,その機能研究のための理論的基礎を提供する。Data from the ScienceChina, LCAS. Translated by JST【JST・京大機械翻訳】
シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。

準シソーラス用語:
シソーラス用語/準シソーラス用語
文献のテーマを表すキーワードです。
部分表示の続きはJDreamⅢ(有料)でご覧いただけます。
J-GLOBALでは書誌(タイトル、著者名等)登載から半年以上経過後に表示されますが、医療系文献の場合はMyJ-GLOBALでのログインが必要です。
, 【Automatic Indexing@JST】
分類 (1件):
分類
JSTが定めた文献の分類名称とコードです
遺伝子発現 
タイトルに関連する用語 (2件):
タイトルに関連する用語
J-GLOBALで独自に切り出した文献タイトルの用語をもとにしたキーワードです

前のページに戻る